2005.04.11  by 猛牛

■正調粕取焼酎『ヤマフル』蒸留を、いよいよ目の当たりに・・・。

隠忍実に有弐年。つ、ついにこの時がやって来た。

佐賀県の、いや北部九州における正調粕取文化復興の一翼を、杜の蔵さん(福岡県)と共に担う、鳴滝酒造さんの粕取『ヤマフル』蒸留に立ち合う瞬間である。

03年の蒸留再開は試験的位置付けだったために一般公開は控えられ、昨04年はわての個人的事情で立ち合い為らず、博多中洲『まりりんBAR』福田マスターとカネゴン隊員が実見。そして今年、もぉー背水の陣なのだっ。

そしたら3月22日、同社・古舘正典社長からメールが・・・。

「本年の正調粕取蒸留、ほぼ日程が決まりました。3月30日(水)〜4月2日(土)の4日間です。順調に行けば最終日は午前中位で終了しますが、もし土曜日等ご都合が付く日がありましたら、調整いたします。いつも直前になってのご連絡で申し訳ございません。よろしければご検討下さい。

鳴滝酒造株式会社  古舘 正典」

待望というか、切望の機会到来! お邪魔するしかなひ(-"-)。もう一人の正調粕取主義者・カネゴン隊員と語らって、『ヤマフル』蒸留の現場に突撃!である。(本当に待ちましたよ、この時を)

いよいよ、江戸時代以来の伝統を誇る正調粕取、その蒸留の現場に立てるのだ。

4月2日午前10時、JR筑肥線唐津駅に二人して降り立った・・・。


Pt.1 ←文字画像をクリック!
Pt.2
Pt.3
Pt.4

九州焼酎探検隊TOPに戻る