2002.01.28 by 猛牛

猛牛ならぬ“暇牛”と会社では陰口も聞かれるわてであるが(自爆)、先々週来より極めて超珍しく激務の日々。先週やっと目途が付いたため、気分転換に家の近所の焼鳥屋『○○』に行ってみた。中洲のクラブで、なんて訳には行かないのだ(^_^;)。

その店は周辺で数軒のチェーン店を持つ地元の老舗である。わてが出向いたのはその本店なのだが、ちょっと以前に店はリニューアルしてピカピカ状態。客も連日満員でなかなか入れなかった。そこで開店直後を狙って店内に突入した。


店員一同:いらっしゃいまし!!m(_ _)m
猛牛:どもども。

カウンターに腰掛ける。先客は1組のみ。胡麻塩頭の60歳くらいの大将が話しかけてくる。

大将:お客さんはうち初めてでしょ?
猛牛:ええ、そうですたい。いつも満員で、やっと今日入れたとです(^_^;)。
店員:お飲物はなんに致しましょう?

メニューを見ると「地焼酎」のコーナーがあり、
●海  =500円
●千亀女=500円
●魔 王=700円  という値書き。迷わず『千亀女』のお湯割りを頼む。

猛牛:『千亀女』のお湯割り!
大将:お好きそうですね、焼酎。
猛牛:ええ。もう焼酎ばっかですばい。大将のお店では焼酎はどげんですか?
大将:いやぁ〜、最近は焼酎の人気が凄かですよ。焼酎ばっかり出るとですたい。
猛牛:ほぉ〜、そこまであるとですか・・・(ガブガブッ)。
大将:うん。ビールはもちろん多かけどね、あとは焼酎やなぁ〜。そのかわり、日本酒がパッタリ、でねぇ。ほんなこつ動かんことなった。
猛牛:そういう話は他ん所でも、よー聞きますばい(ガブガブガブガブッ・・)

後ろを振り返ると棚に『海』『魔王』『鷲尾』『佐藤』などの“こだわり系”が並んでいる。厨房越しに奧を見ると『黒伊佐錦』『霧島』『白岳しろ』がある。

猛牛:『黒伊佐錦』のお湯割り一杯!・・・・失礼ですばってん、大将ん所では(後ろを指さし)結構プレミアムものは動くとですか?
大将:うん、最近はよー動くよ。中でも『海』と『魔王』が多いかな。
猛牛:なるほどですにゃ。『海』は女性に勧めやすいですけんねぇ。
大将:前は『森伊蔵』も入れちょったけど、最近は手に入らんでね。なんか今は一本4万とか、1杯2000円とか、高くなっちょるみたいやねぇ。
猛牛:貧乏人には飲めんですよ(爆)。で、大将は焼酎はお好きですかい?
大将:まあねぇ。『魔王』はよく飲むけど、味はわからん(爆)。ラベルで飲んじょるよーなもんよ。でも、芋焼酎は後味が良かろうが? 甘い味がしてくさ。好きやなぁ。

別のメニューを見ると『白波』『おつだね』『天照』『神の河』『白岳しろ』など“一般系”が並んでいる。それぞれ1杯350円程度。

猛牛:一般の焼酎は何が動きよるとですか?
大将:最近は『神の河』がよー動くね。これはホント出る。キープも多いしね。
猛牛:たしかに筑前は“色物”が好きですたいねぇ。よ〜わかりますばい。
大将:なんか関東で『神の河』が1万円の値が付いたって話を聞いたばってんねぇ。
猛牛:は?(@_@;)・・・冗談のこつ(爆)。
大将:こっちじゃ、メチャクチャ安く買えるんやけどね。
猛牛:大将、こっちで仕入れたやつを向こうに送って、荒稼ぎせんですか?(爆)
大将:はははは!

大将:でもね、『神の河』が動く替わり、『白波』が減った。ガクン!とね。
猛牛:ほぉ〜。他のこだわり銘柄が伸びりゃ〜、その分落ちますばいねぇ。今までこっちの飲み屋さんでは『白波』か『霧島』かって感じやったですけん。
大将:なんか前と味が変わったような気がするったいね。大人しくなったというか。
猛牛:地元と県外で、味が違うち説もありますばってん。ウソかホントかは知らんけど。
大将:ああ、そうかぁ・・・。でも『白波』の減り具合は凄かばい。

猛牛:『黒伊佐錦』おかわり。大将のところのキープは何が多いとですか、原料で行くと?
大将:やっぱり、麦、ソバかな。芋も増えたね。あと『しろ』も多い。
猛牛:麦ち言やぁ〜『いいちこ』とか『二階堂』とかもあるとですか?
大将:いや、うちは『おつだね』だけやね。
猛牛:それにしても、筑前はやっぱりソバも強かですね。
大将:よく出るよね。ところで、うちのキープなんてほとんどが焼酎ばい。見てみぃ、あれが全部焼酎。

と奧にあるキープ棚を指さす。ひとつの棚に100本近いボトル。それが2列ほど。

大将:でも、ほんと嗜好が変わったばいねぇ。芋が増えた増えた。
猛牛:最近のブームは凄かですけんね。焼酎の店ばいっぱい増えたもん。
大将:一昔前から比べたら、そりゃぁエライ違いばい。
猛牛:ある酒販店の大将は「筑前でも芋は定着した」っておっしゃってましたけんどね。
大将:うむ。わかるような気がするばい。

ふと地焼酎のメニューを見直すと、「水桶蒸留」と書いてある。メニューを大将に差し出して、

猛牛:(小声で)・・・大将、これ「水」やのうて、「木」でしょうが?
大将:は?
猛牛:いや、「木桶蒸留」ですたい、木桶。誤植ぅ(^_^;)
大将:あら・・・。いやぁ〜こりゃいかんばい。間違えちょる・・・(──;


というわけで、来店客が増えたので話はそこまでとなったが、カウンターでお湯割りをがっつきながら、ちとプレミアム焼酎が生じさせる料飲店に対する“経済的波及効果”なるものを試算してみた。

当夜わてが飲んだのが、
1)千亀女(500円) ×2杯=1000円
2)黒伊佐錦(350円)×2杯= 700円
3)店PB(中身はおつだね/350円)×1杯=350円 計2050円

これを5杯すべてを一般焼酎で飲むと、350円×5=1750円
逆に全部『魔王』にすると、700円×5=3500円。

1750円〜(300円)〜2050円〜(1450円)〜3500円、という客単価の差になる。
 └────────(1750円)───────┘

このお店のキャパがだいたい50名。その1/3が同じものを飲んだとして、一回転で最低と最高で見た場合、
1750円×17=29750円
3500円×17=59500円 その差29750円。

少なく見積もって一日2回転として、29750円×2=59500円。1ヶ月25日とすると、
59500円×25=1487500円が波及効果として生まれ、売上に上乗せできる。「でかい塵は少し積もればすぐ山」ではないが、この数字の差は大きい。まぁ、あくまでも試算なのでザッパではあるが。

プレミアム焼酎を核としたブームが“創造”され“増幅”される相乗効果の中で、こういう店が現に増えているし、さらに雨後の竹の子んごた増えていくんだろうな・・・。うれしくもあるし、でも反面、恐い気もする。

うっぷ(~Q~;)。

ん〜〜〜ん、大将には申し訳なかばってん、「味噌味豚バラ」の味は、ちょいとイマイチやったなぁ(^_^;)。でも「豚足」は美味かった。酔いちくれてしもうた。さて帰るかぁ〜。

ミ ミ ミ ミ(*-) ミ ミ ミ(-_-)? ミ ミ ミミミ(*0)☆┃┃


九州焼酎探検隊TOP