2002.09.02 by goida

銘柄
度数
原料
原産
鹿の子
25度
清酒粕・清酒
大分県玖珠郡九重町大字右田3364番地
八鹿酒造株式会社
製品的特徴
捕獲者
評者
レッドブック度
goida
goida
現存
■評者雑感

●当該銘柄について
久大本線恵良駅は木造の無人駅ながらも、まさに高原の駅といった風情であり、ホーム降り立てば風が頬をなで、そして万年山(はねやま)や九重に連なる山並みの一大パノラマが眼前に広がるのだ。

粕取焼酎『鹿の子』を造る『(株)八鹿酒造』はこの駅のすぐ近く。駅を出てほぼ正面にタンクや「やつしか」と壁に書かれた建物が見えるはずだ。

元治元年(1864年)創業の八鹿酒造は『笑門八鹿』を世に送り出す清酒蔵である。ホームページによると平成13年、14年と国税庁の新酒鑑評会において金賞を受賞しているそうだ。   

また、減圧蒸留の麦焼酎に常圧の全麹仕込みの麦焼酎をブレンドした黄色いラベルの麦焼酎『なしか』(大分弁で「何故?」という意味)や、大麦と大麦麹100%を原料に使用した「銀座のすずめ」など、焼酎の製造も行っている。

さて、問題の『鹿の子』であるが、蔵のある大分県からは遠く離れた福岡県前原市のある酒屋で購入した。なんだか因縁めいた物を感じる焼酎なのであるが、その味や如何に・・・。

●ボトルデザイン:
朱書きで「純粕取」、筆書きの銘柄名。ぱっと見るとあっさりとしたラベルである。しかし銘柄名の左肩には「舟来屋醸」とひょうたんの図案。明治一八年に経営者と杜氏の名前から一文字づつを取って「八鹿」と名前を変える以前の同蔵の屋号である。

ラベルにはおそらくは蔵の近くを流れる玖珠川であろう。ゆったりとした川の流れに朱い紅葉の葉が散っている。そういえば九重町は「九酔渓(これは鳴子川流域だが)」など紅葉の名所が散在している。

ちなみに『鹿の子』という酒名の由来だが、蔵元に問い合わせてみたところ「清酒・八鹿の造られた酒粕を原料に出来た焼酎ということから鹿(しか)の子=鹿(か)の子と命名した」との回答をいただいた。

また八鹿酒造には別の粕取焼酎が存在する。『きじ車』がそれだ。蔵によれば、吟醸粕取をブレンドした15年ものの「古酒」。貯蔵することにより、個性ある粕取焼酎の風味にまろやかさが生まれるらしい。

●香り:
封を切ると「ぷすっ」とガスが抜ける音がした。しかし、あの粕取独特の香りがほとんどしない。「おかしい!!」と臭いを嗅ぎすぎたため、嗅覚が麻痺してしまった・・・。

どちらにしても、かなり大人しいタイプの焼酎であることが想像された。

●味わい:
生で飲んでみた。やや飲みきりのいい傾向だが、やはり大人しい。米焼酎を飲んでいる様である。飲み込んだ後に「ふっ」と粕取焼酎であることを感じさせてくれる。

ロックで飲んでみたが、より軽快さが増すようであった。

●レッドブック度:
この焼酎を福岡県西部の前原市で購入したことには触れた。酒屋さんは漁港町らしく鮮魚も扱っていたのだが、この瓶のラベルを嗅ぐとちょっと魚くさかったりもする。蔵元から遠く離れた地でこのような銘柄が購入出来るかのだろうか。それは探偵団のレポート「Chasin' The IKEDA」の補足の通りである。

実は粕取にしては軽快すぎる味わいがずっと引っかかっていた。そこで蔵元に問い合わせてみた。蔵元からは以下のような回答をいただいた。

「本来、粕取焼酎は大変個性のある味わいが特徴の焼酎ですが、蒸留技術の進歩・お客様のニーズ等により、昔に比べ軽快に飲めるタイプへ変化をいたしております。当社においても以前はモロミ(清酒粕に水を加え発酵させアルコールを高めたもの)を籾殻にまぶし、熱を加えて蒸留する方法を取っておりましたが、現在は、清酒粕100%を原料にウイスキーの蒸留と同じポットスチルによる蒸留を行っております」

蔵からのいただいた回答によれば、かつては田植えや盆などの人が集まる時期に、飲み易いよう「砂糖を入れて」飲まれていたそうである。しかしながら「吟醸粕取」の台頭が示すように、現代の粕取焼酎は飲み易い方向へと向かっているようである。

なお、面白いことに地元大分では20度が主体で売れているそうだ。なお、販売形態は1升瓶のみで20度・25度の2種類だという。

上記のように蔵元からの回答によると100%清酒粕製であるのだが、私が購入した瓶のラベルには「清酒粕・清酒」と表示されていた。瓶詰め時期を示すものが存在しないことから、その真意を確かめることが出来ないでいる。これは今後の課題となった。

この「鹿の子」。製造法からすると探偵団の提唱する“正調粕取”の範疇からはみ出してしまうようだ。しかしながら、その性質から敢えて取り上げたい。

粕取焼酎は概してパンチの利いた物が多い。これが元で敬遠される方も多いと思われる。しかしながら、大人しい性質の「鹿の子」はこれから粕取焼酎を飲もうとする方に受け入れやすいのではないだろうか。つまりは「粕取入門酒」としておすすめしたいと思う。


九州焼酎探検隊TOP