2003.04.08 by 猛牛

銘柄
度数
原料
原産
銀 嶺
35度
酒粕
福岡県八女市本町
株式会社喜多屋
製品的特徴
捕獲者
評者
レッドブック度
香りと飲みやすさ
猛牛
猛牛
消滅
■評者雑感

●当該銘柄について
昨年8月にgoida隊員と行った福岡市西部エリアにおける粕取焼酎調査行で捕獲した、福岡県八女市にある株式会社喜多屋さんの銘柄である。

『銀嶺』の分布域について若干触れよう。まずメインは地元の八女市周辺であった。実は昨年暮れにgoida隊員と筑後エリアの酒店を回った際(未コンテンツ化)に、喜多屋さんの蔵からかなり近い酒屋で店頭在庫を確認した。

また八女市の東隣り、耳納連山の南側の麓にある上陽町の酒屋で、女将さんからかつての状況を聞くことが出来た。同地では“銀嶺焼酎”の愛称で地元の人々に親しまれていたそうで、近隣の農家がその主なユーザーだったという。

しかしながら、時代の流れと共に焼酎の嗜好もライトに傾き、“銀嶺焼酎”の需要は落ちていったらしい。現にその酒屋さんでは、甲類や減圧麦の一升瓶がズラリと並んでいた。さらに愛飲家の高齢化も進んで、消費減退に拍車を掛けた。事情はどの地域でも同様である。

また福岡市西部の酒販店で見つけたものについては、昔からの定番品だったのか、『池田』消滅後の地元需要を満たすための導入だったのか、肝腎な点を聞き逃していた(T_T)。だぶん後者であらふ。

◇   ◇   ◇

さて。昨年8月27日に喜多屋社長・木下宏太郎氏より、『銀嶺』についてのわての質問に対する丁寧な返信を頂戴した。プライベートな内容も含まれるが、失われ行く正調粕取焼酎の記録を残すためと思いあえて公開させていただきます。ご容赦の程を。また、本稿のアップが極めて遅れたこともこの場を借りてお詫び申し上げたいと思います。

まずは、元もと吉田酒造さんの銘柄だった『銀嶺』がどのような経緯で喜多屋さんに引き継がれたかについて。以下、木下社長からのご返信である。

■質問:元々『銀嶺』は吉田酒造さんの銘柄だったと思いますが、
 現在御社の銘柄になった理由は?

吉田酒造は私の母の実家です。跡を継ぐ者がおらず、高齢であった祖父は平成3年廃業を決めました。その際、自分の存命中は吉田酒造の社員と銘柄を喜多屋で引き継いでくれるよう要望し、当社はそれを受け入れました。

それで粕取焼酎『銀嶺』は平成3年から喜多屋の銘柄となった次第です。同時に喜多屋の銘柄となった商品に麦焼酎『与作』があります。こちらは喜多屋の麦焼酎の主力となっております。その後祖父は既に他界しております。

廃業された蔵の銘柄を受け継ぐ粕取焼酎の例は、『常陸山』『香露』(両方とも杜の蔵さんへ)などにも見られる。木下社長の場合もまた、母上の御実家の銘柄だったこともあって、その想いはひとしおだったのではないだろうか。

日本有数の清酒処でもあり、また粕取処でもあった筑後の歴史ある粕取焼酎『銀嶺』、その味は如何に・・・?!

●ボトルデザイン:
名前の通り、銀色の峰が連なる清冽なイラストが目を引く。わては、加山雄三『アルプスの若大将』を思い出してしまった(^_^;)。聞き漏らしたが、この山はどこなんだろう?耳納連山だろうか?

銘柄名も、髭文字風で迫力あり。その下には桜の花々が美しく咲き誇っている。遠く銀嶺を望み、手前には花を配した、遠景と近景が書き割りのように同位に存在する日本的遠近法とでも言えるメリハリのあるデザインだ。全体的に完成度は高く、美しいラベルである。

上部には桜の花風のシールがドン!と入る。花心に「筑後焼酎」、花弁に「純粕製焼酎」の文字が踊っている。これは筑後エリアの粕取焼酎については共通のシンボルマークだったようで、「出土品総覧」にある『常陸山』『弥満の誉』にも確認できる。

ラベルに寄ってみる。「酒粕焼酎」という商品カテゴリーが明記された上部帯の右下、楕円の中にそっとはめ込まれた「福岡の早苗饗焼酎」の文字が目を引く。“早苗饗”または“さなぼり”とひらがなで表記した銘柄は他社にもある。粕取焼酎文化圏の伝統と誇りを象徴する言葉として、わてには輝いて見えるん。

●香り:
香りは、あまり粕取焼酎特有のアクが強くなく、どちらかというと爽やかさを感じる。エエ感じである。わてにとって『香露』壷をその基準とすると、断然親しみやすい。これもわてが粕取に馴れたちゅーことがあるからかもしれないが。

現に昨年12月の宮崎蔵探訪の際、小瓶に詰めた『銀嶺』をDr.けんじ氏ゆかりの料飲店で大将らに飲んで貰ったが、やはり匂いと味がキツイという感想だった。

●味わい:
飲み口も比較的柔らかい。舌の上に華かな味わいが広がる。飲みやすい、これは! goida隊員もガンガン飲んですぐ空になってしまったとあの頃言っていたが、納得である。

わては小さなグラスで生でクイクイッと飲むのが好みだが、初手の方ならロックだとまろ味が出て、親しみ易さが増すと思っ・・・・たのだが(T_T)

●レッドブック度:
残念ながら、『銀嶺』は2001年末で終売・消滅となっていたのである。

終売の決定について、再度木下社長からいただいたご返信から...、

■質問:「銀嶺」の生産規模および出荷の状態。
■質問:今後も「銀嶺」は発売を継続されるのでしょうか?

粕取焼酎「銀嶺」は当社からの出荷では昨年いっぱいで終売になっております。お買いあげいただいた商品は酒販店様が在庫いただいていたものだと思います。

粕取焼酎は旧吉田酒造の蔵を喜多屋が借りてそこで生産しておりましたが、残された祖母も高齢で昨年春にその蔵を閉めざるを得なくなり、生産を継続することも不可能になった次第です。

いろんなご事情の末の結論であって、わて如きが詠嘆調で申し上げる筋合いではないだろう。しかしながら、粕取焼酎に想いを託する故に一抹の淋しさを覚えるのも確かである。

これまで需要を支えてきたユーザーの高齢化、そしてその商品を市場に届けてこられた蔵元さん自身の高齢化・・・これはただ粕取焼酎のみの問題ではないかもしれない。

がしかし、地域の飲料文化としての歴史や価値を考えると、「どーにかせにゃならん!(-"-)」とひとり力んでしまうのである。ま、わてだけが騒いだところで転ぶ課題ではないのは重々承知ですばってん・・・。

というわけで、またひとつ、粕取の火が消えてしまったのであった(>_<)


九州焼酎探検隊TOP