2001.09.06 by 猛牛

「頭のてっぺんに、毛が三本・・・」と謳われたのは“オバQ”。
「おケツに高台がない・・・」のが“ソラQ”。

いやはや、ぬうあんともベタな話からスタートしてしまったのだが、今回のテーマは『そらきゅう』なんである。焼酎ファンはご存知の通り、ポンと置いても器を支える台が無いので、焼酎を注がれたら下に置けない、一気に飲まないといけない・・・という必殺の酒器。

わては、この“さどぉん・です”的形状に、「えぇえぇ、どんどん注いでやってくだせぇ〜(~Q~;)/▽」という、いぢ汚い自己実現の可能性を看取して、ぜひ宴会に持ち込みたいと熱望している器なのである。

◇     ◇     ◇

ところで、当コーナーの「販促お湯割りコップ博物館」で触れた宮武外骨なのだが、その稿を書いた後に外骨が気になって、家に戻って彼の著作集をひもといてみた。

外骨は、1980年代前中盤に再評価されてその盛名がさらに高まったジャーナリストだが、多くの同時代人が関心を持たなかった事物に対しての“捨て目”の鋭さが、いまだにオモロイ人物である。

右は河出書房新社から1985年に谷沢永一と吉野孝雄両氏の編集によって出版された『宮武外骨著作集』の第四巻。

これには外骨が出版した『筆禍史』『日本擬人名辭書』『奇態流行史』『私刑類纂』『賭博史』が復刻して収められている。

その内、日本の古代から近代に至る世間で流行した風俗・事物などを集成したものが『奇態流行史』(1922)だが、中に『そらきゅう』に関する情報が記載されていた。

『宮武外骨著作集』から『奇態流行史』の「そらきゅう」記事

というわけで、形状および穴が開いているところも、まさに『そらきゅう』である。しかも慶長年間から三都で流行っていたというから、戦国末期にはすでに存在していた可能性もある。

ちなみに外骨の文中に出てくる近世の書物の出版年度は、主なもので

・『醒睡笑』  =1623年
・『好色盛衰記』=1688年
・『古渡集』  =1732年
・『嬉遊笑覧』 =1830年

である。現代に至るまで、実に400年近い歴史を誇る酒器なのですにゃ〜。

ところで現在、主として南九州に遺っているこの『そらきゅう』だが、その伝播の経路はどうだったのだろう・・・ということに関心が向いている。本州の流行が九州に渡ってきたのか、それとも逆なのか?

多分先学によって解明されているのかも知れない。ぜひ有識者のご指摘をいただきたいものである。

わて自身の浅学さ故に、「そんなこたぁー最初から知っちょる!」と焼酎愛好家諸兄から指摘されそうだが、わてが触れた既存の資料などでは『そらきゅう』の起源についての記述が少なかったので、あえてご紹介してみた。

◇     ◇     ◇

というわけで、『そらきゅう』の情報が記載された『奇態流行史』という本。その序文から、本稿の“高台”として最後の言葉を引用したい。

「流行は 紙鳶の如し 風止めば 地に墜つ」

現今の本格焼酎ブームが、一時の“奇態流行”として今後編まれる民間風俗流行史に名を連ねるのか、それとも文化として“不易”の定着を見せるのか、楽しみぬぅあんである。


九州焼酎探検隊TOP