商品名 さつま島娘
種 別 乙類25度 900ml
製造元 長島研醸有限会社
産 地 鹿児島県出水郡
鹿児島のいも焼酎の中でも全国的な知名度と人気を得た『島美人』の醸造元、長島研醸の地域限定販売商品。ラベル左上に「島内小売店限定販売」の文字がある。

原材料はさつまいも、米麹、麦麹。

鹿児島県内の小売店で「蔵のかくし酒」「伊佐舞」との3本セットを隊長が入手した。


隊長:これは先日鹿児島に行ったとき手に入れた3本セットの内の一本やね。やっぱり地元はいいねぇ。こういうのが簡単に手にはいるから。

にし:こっち(福岡県)では売ってないものばかりですからね。

隊長:では、生で。…………香り、いいねぇ

あげ:でも、いもの甘みがあまりしないんじゃない、これ?

隊長:確かにいも焼酎独特のあの甘みが薄いねぇ…………

しじ:わたしは、この甘みって結構好きですけど。

あげ:『島美人』は、私にはエグすぎるのよね。反対にこれは甘みが弱いと思う。

猛牛:はい。甘みについてはその通りですにゃ。“娘”から“美人”へ、色香も増すというところですばいね。(笑)

隊長:これはロックの方が合うかもしれないね………(と各人氷を入れる)

にし:ん!これはロックが旨い。でも、なんかまろやかじゃないなぁ〜。

しじ:そうですね。でも、ちょっと刺激があるかな。アルコール臭が。

猛牛:わては、許容はできる範囲ですばい。

隊長:しじみさん、やっぱり東京でもいも焼酎はよく飲んでいたの?

しじ:飲めないんですよぉ(T_T)。東京では女の子がいも頼むと、「(──;」みたいな顔されますよ。「麦にしたら?」とか言われますね。

あげ:やっぱり、いもというか焼酎のイメージ自体が低いんやろうね。

にし:ネックは匂いなのかな。この匂い、香りが馴染むと最高なんだけどね。

しじ:やっぱり焼酎は労働者の酒、みたいな感じで受け取られてるみたいです。

あげ:やっぱり向こうは日本酒文化だしね。焼酎にしても、甲類を割って飲むってカタチだろうからね。

隊員一同なんとかせにゃ、いかんですな(爆)

隊長:さて、お湯割りだけど………ちょっと合わないね、こりゃ。

あげ:うん、パスかな。

猛牛:なんか香りがぷぅ〜〜んと立たんですばい。いまいちですにゃ。

にし:『島娘』はこういったとこですかね。

隊長:次、行こうか。


名前
評価(5段階)
コメント
隊長 ★★★ 香りは良い。イモの甘味が出てない。お湯割りよりロックがおすすめ。
あげまき ★★★ 匂いはまさに芋って感じです。味はふつう。芋の甘みがない。
KOO ★★★ (KOOさんは後日試飲)普通のイモ焼酎という感じ。ロックが一番おいしかった。島美人の妹としてはちょっと物足りない。あっさりしてて、甘味が足りないのかな?
にしやん ★★ つんとはしないが、まろやかではない。ロックがうまい。
猛牛 ★★★ 香りがいい。ロックだとちょうど香りも味もいい感じ。お湯割りはいまいちで、逆に香りも味もしっくり来なかった。
しじみ ★★★★ 香り良し。アルコール臭があり。ロックがイケますね。

九州焼酎探検隊TOP