商品名 たる繊月40・プロミネンス
種 別 乙類40度 720ml
製造元 峰の露酒造株式会社
産 地 熊本県人吉市
熊本県における焼酎の一大集積地ともいうべき人吉市。あまたあるメーカーの中でも広範な人気を誇る峰の露酒造のプレミアム品。通常43度の原酒を6年以上樫樽に寝かしたもので、これは40度の商品で原酒に近い。原料は米、米麹。

なお、このプロミネンスは峰の露酒造のHPにも掲載されていないもので、隊長秘蔵の品を無理矢理供出していただいた。
感謝m(_ _)m


隊長:先日、繊月祭に行ったときに買ってきたんだけどね。

にし:ああ、レギュラー品の原酒なんでしょうかね?

猛牛:これは峰の露酒造さんのHPにも載ってないとですたい。珍しいですばいねぇ。

隊長:では、生で。…………実にいい香りだ

しじ:ちょっとウィスキーみたいですね。

あげ:度数は高いけど、口当たりはいいよ。

猛牛:香りはさすがにいいですばい。樽の香りがプゥ〜ンとする。

ふひ:とても男性的な味だと思います。でも嫌味がない・・・いい仕事してますね。

にし:たる繊月のレギュラー品はロックが一番ですけどね。

あげ:うん。このプロミネンスもロックがお勧めだね。ちょっと私には生では強すぎるわ^^;

隊長:今回はとてもグレードが高かったね。『不比等』と『たる繊月プロミネンス』、いい勝負だよ。

猛牛:同じ土俵で戦える焼酎同士が揃った、って感じですばい。

しじ:『百年の孤独』のような感じもありますけど、こっちの方が美味しいですよ。

猛牛:確かに、あれはほとんどウィスキーじゃけんねえ^^;。『たる繊月』はまだ焼酎らしさが残っちょると思うばいねぇ。

ふひ:これって、なんだかまた飲みたくなるような、そんな欲望を刺激してくれる焼酎ですね。

しじ:そうそう、続けて飲めますよね。適度に甘みがあって、飲みやすいです。

隊長:でも、ちょっとボトルがね・・・^^;

にし:そうなんですよ、ボトルデザインに今ひとつ高級感が無いんだなぁ〜。

しじ:そういえば、某洋酒メーカーの辛口麦焼酎「○れ○ら」のボトルが飲み屋さんの棚に飾ってましたよ。

ふひ:ああ、ディスプレイ用の見本品でしょう。

猛牛:もったいつけてくさ。パッケージばかりにえれえ金使っちょるってやつですばいね。本末転倒ったい。(爆)

あげ:やり方がスマートだからね、あそこは・・・。

隊長:峰の露さんは、某洋酒メーカーと違ってスマートじゃない。でも、誠意あるまじめな焼酎を作ってくれてる。焼酎党とすればうれしい話だよ。ボトルやラベルの見た目も大きな要素ではあるけど、中身で勝負し続けて欲しいな、我々としては。

隊員一同:確かに。

ふひ:で、猛牛さんはモニターに応募したんですか?「○れ○ら」の?

猛牛:もちろんですばいぃ〜!(^_^)v

隊長:やっぱりセコイなぁ・・・(>_<)


名前
評価(5段階)
コメント
隊長 ★★★★★ 香りは良し。生で飲むと切れと甘みもGOOD、お湯割りにするとまろやかさが出てGOOD。
あげまき ★★★★ ウィスキーに近い味。口当たりは度数が高い割にはやさしい。香りがいい。私には生では強すぎる。ロックがちょうどいいかも。飲んだ後もちょっとキツイかな。
KOO 欠席 欠席
にしやん ★★★ 最初の香りが独特で、うまそう。ウィスキーぽい口当たりは、関東受けしそうだと思う。
猛牛 ★★★★ さすがに美味いですね。洋酒っぽい感じがありますが、たる繊月はレギュラー品も美味しいです。ロックが一番でしょう。
しじみ ★★★★ 後味がいい。続けて飲める。適度な甘さ!『百年の孤独』よりも焼酎らしくて、潔い。(ところでプロミネンスってどういう意味なんでしょ?)
ふひと ★★★★★ 嫌味なく男性的な力強さ。キレが良く、また飲みたくなる、そんな欲望を想わせられる味です。香り良く、心をくすぐってくれる。

九州焼酎探検隊TOP