商品名 蔵のかくし酒
種 別 乙類25度 900ml
製造元 新屋酒造株式会社
産 地 鹿児島県出水市
出水地区種類販売同友会の発売になる、琥珀色がついた“色物”焼酎。原料はさつまいも、米、米麹。

ボトル上部のラベルには「蔵の中にて、ひたすらひそかに寝かし続けられた選りすぐりの逸品です。(中略)端麗にして日当たりよく、お湯割りよし、ロックよし、冷やして飲めば、なおさらよし。」のコピーがある。これも福岡では見かけない製品である。


隊長:色物ですね、これは。

にし:中央受けしそうな造りですねぇ、ボトルやラベルのデザインにしても。

隊長:では、一口。…………匂いがすごいね、こりゃ。

猛牛:畳臭いですばい(──;

しじ:なんかカビ臭い感じですよね。

にし:うわぁ〜、だめだ、この臭い。なんか何年かほったらかされた空き家の中とかの、そんな臭いがするなぁ。

猛牛:でも、このくせのある匂いが、逆にとりこになる可能性もありますね。

あげ:好き嫌いはものすごく別れると思うけど、でも、結構辛口でしょ?

しじ:舌がピリピリします。

あげ:でも鹿児島の料理はこってりとした甘口が多いから、それを肴にするとイケるかもね。

隊長:確かに鹿児島は、味噌も醤油も甘口だね。そういう意味では薩摩料理とのコンビネーションはいいのかもしれないな。

にし:しかし、この臭いがちょっと・・・(^_^;)

あげ:杉樽かなぁ、寝かせは?

にし:うん、杉だと思いますけど。気になるなぁ、なんの樽かな。

隊長:樽がなんなのか気になるね、ほんとに。でも、ちょっと後味が悪いね。これは。

猛牛:ところで、しじみしゃん。色物って関東じゃ、どういう風に捉えられちょるっちゃろ?

しじ:ん〜〜ん。やっぱり『百年の孤独』の登場は大きかったと思いますね。焼酎といっても抵抗がないっていうか。お金持ちのおぢさまが女の子に『百年の孤独』を勧めるって感じでひとつの道具になってたり。だからお金持ちは『百年の孤独』、逆の人は『眞露』という感じですかね^^;

隊長:やっぱり皇太子様、直々のご命名っていうのが大きいかもね。イメージとして。

にし:それは大きいでしょう。確かに手に入りにくいのも、気をそそってるんでしょうけど。………色がつくと高級感があるって思うのかな。

猛牛:わて、嫌いなんっすよ、『百年の孤独』。単に色が付いて度数が高いってだけで。そげんありがたがるようなもんかいな?って思いますばい。以前大分で関サバ、あわび、さざえなんかをしこたま頂いたあとに、一杯だけ『孤独』を飲んだら足取られてですたい、せっかくの美食を全部自然に還してもぉーてですなぁ〜(自爆)

隊員一同汚いよぉ(──;

あげ:ま、九州じゃどうかな、この焼酎。関東では売れるかもね。

隊長:独特の匂いが逆に少数のファンをぐっとつかむ、かもしれないな。


名前
評価(5段階)
コメント
隊長 ★★★ 不思議な香り。甘さは出ているが、後味が少々気になる(ロックの場合)。お湯割りがよいかナ。この不思議な香りは杉樽で寝かせたかどうか知りたい。個性的。
あげまき ★★ 生の場合、香りは好みじゃない。が、香りに個性がある。後味があまり良くない。舌にピリッとくる。日本酒で言えば辛口。こってりした料理、たとえば豚の角煮には合うかも。
KOO ★★★ (KOOさんは後日試飲)ブルーチーズみたいな独特の匂いと味。個人的には遠慮したいが、それ系の匂いや味が好みの人には、結構受けるかも。実際、いっしょに飲んでくれた女性には好評だった。
にしやん 不思議な香りは杉だろか?ちょっと漢方薬っぽくていやだ。蔵ではなく空き家か廃屋のカビっぽい。しかし、くせになるかもしれない味ではある。
猛牛 ★★ 埃っぽい。後味がちと悪い。畳臭いです。
しじみ ★★ 香りは田舎のタタミの臭い。舌がピリピリします。後味が悪いがピリッとしている。

九州焼酎探検隊TOP