商品名 吉兆宝山
種 別 乙類25度 1800ml
製造元 西酒造株式会社
産 地 鹿児島県日置郡
関東方面隊合評会の3番手は同じく入手が困難な鹿児島のいも焼酎『吉兆宝山』。蔵元はいも焼酎の正統派を目指したという。

なお評者はJAZZ翁、うっちん、鉄板、三立銀杏の関東方面隊隊員の各氏に、福岡から猛牛が加わった。


猛牛:今回の関東方面隊合評会のために、わてがお送りした二番目、『吉兆宝山』。

J翁:これは見たこと無いですが。まずは生で一口。…………ん?!

うっ:これ、なんか軽い、じゃん。

銀杏:『伊佐美』と違って、ぷぅ〜〜んと来ませんね。

鉄板:うん。これは逆に飲みやすいですね、僕は。

猛牛:正直、なんかピンと来んなぁ・・・。

J翁:ちょっと匂いが薄いよね、これは。

猛牛:なんか深みば感じんったいね。なんかピリピリする。

うっ:でも甘みはある、じゃん。

銀杏:確かにアルコールがツンツンする感じがあるんですよ。まあ、『伊佐美』と比較するとちょっと酷かなぁ^^;

鉄板:僕は、これくらいの匂いの方が飲みやすいですよ。

隊員一同:なるほどね。

猛牛:ロックだと・・・。やっぱりアルコールがピリピリ来るったいねぇ。

J翁:個性的だけど、好みは分かれそうだね。ちょっとお湯割りでいただきましょうか。

鉄板:うわ!臭いが・・・(>_<)

うっ:お湯割りはいまいちだね。これはロックがいい、じゃん。

J翁:なんていうか、臭いがぐっと来るね、お湯割りでは。キツイ。

銀杏:ほんとほんと。お湯だと匂いがさらに凄くなるけど、『伊佐美』とは違うんですよね。

鉄板:も!絶対お湯割りはだめ!生の方がまだいい!(>_<)

隊員一同:(爆)

猛牛:やっぱりソフトタイプに多くのメーカーが流れるのがわかりますばいね。関東で売れるには、やっぱ匂いがネックですばい。

銀杏:ほんといも焼酎飲んでると「臭い!(-"-)」なんて言われますからねぇ(^_^;)

J翁:慣れるとこの匂いがたまらなくなるんだけどね。

猛牛:でも、ちょっとこの匂いと味は好みが分かれますね。いも焼酎ファンでも。

うっ:(ごくごくごく・・・)

J翁:では、食事の準備が出来たみたいだから、宴会場に行きますか。

隊員一同:はいぃ〜〜。ミミミ(*^) ミミミ(*^) ミミミ(*^) ミミミミ(*^)


名前
評価(5段階)
コメント
J翁 ★★★ 匂いが薄い。個性的といえば個性的。お湯で割ると臭いがきつくなる。
うっちん ★★ ライトタイプ。甘み有り。お湯割りよりロックがいい。
鉄板 ★★★ 生の方が飲みやすい。お湯割りはいらない。
三立銀杏 ★★★ お湯を入れると匂いがきつい。入れないときは匂いが少ない。アルコールがきつく感じる。
猛牛 ★★ なんか荒い味がする。アルコール臭がする。あまりピンと来なかった、正直なところ。

九州焼酎探検隊TOP