商品名 不比等(仮称)
種 別 乙類25度
製造元 ? 非売品
産 地 福岡県
今回から参加のふひと隊員が知人より入手した、非売品の17年物米焼酎。「不比等」という商品名は仮称で猛牛がつけたもの。原料は米と米麹。蒸留年度は昭和59年で受賞歴のある焼酎である。

残念ながら商品化前なので、素性をすべて明かすことはできない。


猛牛:さて、いよいよふひとさんがゲットされた17年物ですが・・・。

隊長:これってまだ発売されてないんですか?

ふひ:そうらしいですね。知人がそう言ってました。

隊長:では、一口。…………美味いね!これは!

にし:うん!いける!さすがに寝かせたら味わいが違うなぁ〜。

猛牛:生でも充分いけますよ。嫌味がない。

あげ:口当たりがいいよね。生でもほんとに飲みやすいよ。

しじ:なんか香りがいいです。ハーブみたいな感じがします。

隊長:じつにいい香りだね。

にし:これ、早く売り出さないかなぁ。ふひとさん、お友達をせっついて下さいよ(爆)

ふひ:なんか20年になったら売り出すとか言ってましたね^^;

隊長:実にまろやかだ。ほんとにいい味わいだ。

あげ:女性にも受けるね、これは。

隊長:どうして寝かせると、こんなまろやかさが出るんだろうねぇ・・・。不思議だよ。

猛牛:やっぱ天使の領域なんかもしれませんですばい。不思議ですばいねぇ。

ふひ:あのぉ〜、熟成ということがどういうことか・・・説明していいですか?

隊員一同:どうぞ!どうぞ!

ふひ:ちょっと白板を借りますね^^; 

・・・図を書きましたけど、出来立ての焼酎というのは左側なんです。大きなアルコールの分子と小さな水の分子がまだバラバラなんですね。

隊員一同:なるほど・・・。

ふひ:で、これを寝かせれば寝かせるほど右の図、つまり大きなアルコールの分子の回りに水の分子が取り巻いてくるんです。取り巻くほどアルコールの分子が直に舌に当たらない。だから「まろやか」に感じるということなんですよ。

隊員一同:ほほぉ〜〜〜!

隊長:だいたいどれくらい寝かせればいいんですかね?

ふひ:10年寝かせれば充分ですね。それ以上寝かせても基本的には変わりはないです。

にし:なるほどなぁ〜。とても勉強になりますよ。

あげ:寝かせる時間がないから、砂糖入れたりするわけだね。

猛牛:そうそう。旨味を出すためにスプーン一杯の砂糖を入れました、なんて新聞広告を出した某大手メーカーもありましたばいね。

隊長:これが本物の「まろやかさ」なんだね。美味いよ。

あげ:製造が間に合わないから、そういうことをやる。

にし:やっぱり大切に造って欲しいなぁ。

猛牛:というわけで『不比等』の35度、行きますか。


名前
評価(5段階)
コメント
隊長 ★★★★★ 香り良し。生で美味し。この旨味はいい。
あげまき ★★★★ 口当たりがやわらかい。生でも飲みやすい。香りもとてもフルーティ。女性向きだと思う。
KOO 欠席 欠席
にしやん ★★★★ 香りがまろやか。ソフトでうまいです。
猛牛 ★★★★★ いい香りだ。生でもロックでも美味い!お湯割りにするにはもったいない。
しじみ ★★★★ お屠蘇のような、ハーブのような、そんな香りがいいです。ほわっとした日本酒の様な味わい。まろやか。生がいいですね。うまいです。

九州焼酎探検隊TOP