商品名 薩摩乃薫 純黒
種 別 乙類25度 1800ml
製造元 田村合名会社
産 地 鹿児島県山川町
2003年度10月合評会の第3弾は、全国的に有名な『薩摩乃薫・純黒』。原料はさつまいも、米麹。本品は、ゲストのマツユカ女史が手土産としてご持参いただいたもの。ありがとうございました。

今回の合評には、カネゴン隊員が初参加、宮崎から「芋っ子倶楽部」宮崎支部長・マツユカ女史がゲスト参加した。


猛牛:さて、最後はマツユカ女史にご持参いただきました『薩摩乃薫・純黒』です。もう、皆さんご存知の有名銘柄ですたい。

隊長:さてさて。

カネ:これいただくの、久しぶりですねぇ。

むき:僕もですけど、どうでしょうか。

隊長:では一口、…………ん〜〜〜〜ん。ちょっともの足らないかなぁ。

あげ:甘味が足りない感じがする。

隊長:そうだねぇ。

カネ:やっぱり順番が逆だったですね。

猛牛:これが先で、『日南娘』が後ですばいね。もともとそういう予定やったとです。

カネ:『日南娘』が先に来ちゃうと、みんな死んじゃいますよね。

荒馬:『萬年』と一緒。『萬年』はすべてを殺す。『萬年』を先に飲むとすべての芋焼酎が“水”になってしまう。特に35度は。

カネ:うちも色々ストックありますけど、最近は『萬年』飲むと、他が薄く感じる。

隊長:飲みやすいけどね、確かに。

カネ:これもコメント、書きにくいですね。

むき:昔は好きだったんだけどなぁ。

あげ:サラリっとしてるよ。

隊長:向こうの嗜好に合ってるのかな。

あげ:そうかもしれないわね。飲みやすいけど、上品というか。

カネ:個人的に言うと、“『萬年』35度病”が出てるというか、出過ぎというか。25度だと薄いもん。

猛牛:カネさん、“修行”のし過ぎですばい(笑)

あげ:なんか、全体的に大人しいというか。

荒馬:それなりに美味しいんですよ。でも、最近変なのばかり飲んでますからねぇ。

あげ:生だと、『日南娘』の方が芋らしく感じたのよ。

むき:いろいろ飲み比べてるから、最初の時の印象は薄れますね。

カネ:おい。むきたまごぉ。ちょっとコメントの文面が堅いなぁ。

むき:いやあ、あまり牛さんに苦労をかけないと言う意味で。そのままアップされていいようにと書いてますぅ(^_^;)

隊長:なるほどね(笑)・・・僕はあまり書くことがないなぁ。

むき:そのままの文面で“全世界”に配信されると考えて下さい(^_^;)

一同:ははは!

あげ:私の、評価はちょっと“辛口”かなぁ〜。

カネ:でも、話戻しますけど、『日南娘』は『萬年』35度に充分負けてないっていうか。いいわぁ。

むき:いや、僕はそこまで全然評価はできないなぁ。

カネ:そう? でも、またこういうこと言うとさ、幸一朗専務から後でチクチク言われるよなぁ(爆)

一同:はっはっは!

猛牛:その発言、ぺーじには書かないけど、専務にメールしときますわ。

一同:ぶっはっは!

むき:香り華やか系っていうのは、あんまり好きじゃないんですよ。華やか華やか華やかもいいけど、原料の風味がある方が好き。

カネ:『日南娘』の弱点は、お湯割りだと腰砕けになるところかな。

あげ:『純黒』のお湯割りはどうかなぁ・・・。

隊長:飲みやすいけどね。

猛牛:うむ。大人しい感じですね。ただ今回は予定した順番が入れ替わったので、割り引いて考えんといかんでしょうけど。

隊長:そうだね。

猛牛:というわけで、ではフリータイムに入りますか。

隊長:じゃぁ、自由に飲みますか! (*^)/■■\(^*)

名前
評価(5段階)
コメント
隊長 ★★★ 生でもお湯でもサラッとしてコクがない。飲みやすいだけ。ロックがおすすめ。芋の甘みがもうすこし欲しい。
あげまき ★★ 生で甘い。飲みやすい。芋らしさが薄れている。お湯割りにすると旨味が薄れる。ロックは甘味が強くなる。全体的にさらりとしている。
猛牛 ★★★ 事情により先にインパクトのある35度の『日南娘』を飲んだため、その点は割り引かないといけないでしょう。故に相対的に生は香りが薄く感じた。ロックは甘味が増していい。コクがある。お湯は大人しめか。先にこれをいただくとまた印象が違ったのでしょうが。
荒馬 ★★★ 芋の風味が穏やかで涼やか。嫌味がない。ロックにすると味も香りも薄まる。お湯割りが一番イイ。香味ともにぐっと膨らむ。
むきたまご ★★★ お湯割りにして甘味が出る。以前飲んだときより薄く感じるのは、小生の成長の証なのか?実際に味が異なったのか??もう少し力強さがあれば(飲んだときの香りが強ければ)うれしいのだが。
カネゴン ★★★ 生は香りが少なく感じます。お湯で割ると少し甘みが出ますが、昔飲んだ時より弱いような気が・・・。もう少しパンチが欲しいな・・・。
マツユカ ★★★★ (当然ですが)芋の甘みがとろっとしている。甘い煮付けに合いそう。お湯割りにすると味が広がる。
九州焼酎探検隊TOP