商品名 万年・むぎ焼酎
種 別 乙類25度 720ml
製造元 渡邊醸造場
産 地 宮崎県宮崎郡田野町
12月合評会・宮崎特集の第2弾。常圧麦焼酎における宮崎県の雄、渡邊酒造場さんの商品。原料は麦、麦麹。1年前に福岡県久山町で開催された同県組合イベント時に猛牛が購入。

今回の合評には、goida隊員が初参加、宮崎からけんじさんがゲスト参加した。


猛牛:特集の2番手は、あの渡邊酒造場さんの『万年』ですばい。

隊長:今度は麦ですね。

あげ:わぁ〜、麦かぁ〜やろ(^_^;)

猛牛:先日お会いしたばかりですばってん、若旦那の幸一朗さんが、あげまきさん好みの二枚目。要注目ですたい。

あげ:あはは。私の好みの二枚目かどうか、やね。それでキマリ(爆)

一同:ははは!

隊長:25度ですか。では、一口。…………あ。香り、いいじゃん!

あげ:ああ・・・私、どうしても麦はダメだ、やっぱり(>_<)

隊長:そうだろうねぇ。

あげ:だから、逆に言えば、麦らしい。

あわ:最近、麦飲んでないんで。久しぶり。これ、さすがに麦が香りますね。

隊長:けっこう、コクがあるよ。麦麹?

猛牛:麦麦ですばい。

あげ:幸一朗さん、ごめんなさいねぇ。

隊長:そりゃ、好き嫌いがあって当然なんですから。いいんですよ。

あげ:ダメなのよぉ〜、麦は。麦らしいけど。

あわ:久しぶりに飲みましたけど、麦ってこういう味なんですね・・・。

けん:旨いです。ほんとに。

荒馬:けっこうガツッと来ます。

あげ:お湯割りだと、なんとか飲めるかなぁ・・・。

猛牛:わては好きですわぁ、この味。ブリブリに麦ちゅーのが。

goida:香ばしさがいいんですよ。

あわ:ロックは飲みやすいかなぁ・・・。

隊長:全体的に飲みやすいと思うよ。でも、最近はガツンと来ないと満足できなくなったなぁ。お湯割りでも5:5じゃぁダメじゃないかな。7:3くらい。

あげ:ロックの方がトロ味が出てくるよね。

猛牛:旨いですばい。

荒馬:牛さんは好きだからねぇ〜、こういう強い味っていうか、『兼八』とか。

あげ:そうなのよね、ハードな味をねぇ。男性っていうのはやはりこういうタイプが好みなのかもね。

猛牛:いわゆる男酒ちゅーことですか。

あげ:私は『兼八』もダメなのよねぇ。でも、お湯割りならなんとか飲めるのよ。

あわ:そうなんですよ。私も麦の香りが苦手なので、お湯割りならいいですね。

あげ:ね。お湯割りなら、香りが薄らいで飲みやすくなるのよ。

猛牛:麦常圧は、その辺りで好みが別れるみたいですたいねぇ。

あわ:ほんとはストレートが一番、旨いかなぁ・・・・なんて(*^^*)

猛牛:あわびさんは、酒豪ですけんねぇ〜(^_^;)

あげ:男性は、この香りが好きでしょう?

隊長:そうそう、好きなんだよねぇ。

猛牛:ええ。それでよかとですよ。好みですけん(^_^)。

あげ:さっきねぇ、ふと思ったのよね。この香りって「お化粧した女性」ですよね。

猛牛:表現としてですたいね。

あげ:そ、表現として。男性はお化粧した女性が、好きなのよ。

隊長:いや、僕は素顔の女も好きだけどね。

あげ:なに言ってんです?

一同:ははは。

あげ:この香りって、芋の香ばしさとは違う主張があるような感じでしょ? なんか違う香ばしさがあるのよね。この系統はやっぱり私には強いです。

あわ:洋酒系の香りがする感じです。

荒馬:これは25度ですかぁ〜、アタックが強いなぁ〜。

goida:いままで20度しか飲んだこと無いんですけど。美味しい・・・。

けん:『兼八』が“剛”なら、『万年』は“柔”。柔よく剛を制す・・・。

猛牛:解ったような、解んないような発言ですばってん(爆)。美味いと苦手で、意見が極端に別れるようですばいね。ちゅーわけで、次に参りますか?

隊長:ではでは、参りましょう。

名前
評価(5段階)
コメント
隊長 ★★★ 麦麦の割に飲みやすい。もう少しコクがあるとよいのに。ロックがいい。お湯で割るとちょっと物足りない。
あげまき ★★ 生は麦らしい香ばしさがしっかりある。お湯割りにすると麦の香ばしさが少しやわらいで、私的には飲みやすくなる。ロックは麦の香ばしさが薄れるが、トロ味は強まる。ただ飲んだ後に苦味(?)が残る。すっきりした感がない。基本的にはこの香ばしさが余り好みではないので、ごめんなさい。この香ばしさが鼻についてきて、飲み飽きるんです。
猛牛 ★★★★ 常圧麦のこの香ばしさが、美味い。『兼八』と比較するとコクよりもキレが出ている感がする。その辺りは好みの問題でしょう。ロック、お湯でも好き。ま、やっぱストレートが一番か。この麦の香りの強さにハマルと、もう他では満足できませんね。『兼八』と双璧、いい味です。
荒馬 ★★★ 最初飲んだとき「ほんとに25度?」と思う程ガツンと来る味。香りも麦の香ばしさが光る。お湯割りにすると香りが立つが、味は少し薄く感じる。ロックにすると香りが消えるが、甘味だけが残りさっぱり飲める。
けんじ ★★★★★ あの『兼八』が、輪郭がはっきりした“剛”の酒だとすると、この『万年』はとらえどころのない“柔”の酒か。やわやわとした口当たりに、香ばしい麦の香り・・・文句無しに旨い!!!
あわび ★★★ 久しぶりに麦を飲んだら、麦ってこういう味なんだなぁ・・・と思わせた酒です。麦の香りが苦手なので、お湯割りで飲みたいです。でも、ストレートがいいかも。麦の香りは洋酒系の香りかも!!
goida ★★★★★ やっぱりコレです。宮崎の誇りです。口の中に残る香ばしさというのが好きです。生で飲むと「すぐに危険信号が灯ります」といった感じです(編者注:goida隊員は極めて酒に弱い体質の持ち主)。ロックにすると香りが薄まるが、甘味が冴えてくるので、それを楽しむのも良! お湯割りも好きです、パンの香りがして・・・。
九州焼酎探検隊TOP