商品名 侍士の門
種 別 乙類25度 720ml
製造元 太久保酒造株式会社
産 地 鹿児島県曽於郡
久々の合評会の第一弾。原料はいも+米麹で、ラベルに「薩摩(いも)の皇帝」とサブネームが付いた『侍士の門(さむらいのもん)』。合わせて源流カメ仕込みとある。江戸時代の幻の米という「白玉米」を使用した幻の味。隊長からご供出いただいた。

今回の合評には新隊員のムール貝、Qの両名が初参加した。


猛牛:さて、最初は『侍士の門』ですばい。

隊長:こっちではあまり見かけないでしょ?

しじ:ネーミングとかデザインも無骨で、ムフッって感じです。

隊長:なるほど。では一口、…………うむ。ちょっとサラリとしてるなぁ!

あげ:口当たりはいいんだけどねぇ。

隊長:芋らしさが、ちょっと足らないっていうか・・・。

しじ:関東では芋らしくないって受けそうな感じ。

猛牛:ちと大人しかですなぁ。ほのかな香りは好きですばってん。

ふひ:上品ですね、これは。香りもなかなか良いと思いますよ。

荒馬:香りは良いんですけど、個性が足りないっていうか。飲みやすくはある。

猛牛:ガツンとは来んですな・・・。

けん:後味が・・・そう・・・なんて言うか、雑味がちょっとありますねぇ。

あげ:でしょ?でしょ? 苦味っていうか、口に残るのよねぇ・・・。こう、芋らしさというか、ふんわりした甘さが少ないような感じがするのよ、これって。

ほた:香りはとてもいい感じですけど・・・。

Q :僕は香ばしいところが、芋らしいと思うんですけど。でもちょっと大人しい。

ムー:初めて芋を飲むという時には、いいかもしれないですね。

隊長:ん〜〜〜ん。香りも芋らしさを感じないなぁ〜。ロックでもお湯でも・・・。

あげ:お湯だと、ちょっとは甘さが出ますよ。

ムー:クセを感じないっていうか・・・・。

隊長:芋らしい臭みかな・・・それが薄い感じがする。

猛牛:上品ですわなぁ・・・ちょっと。

しじ:軽いですぅ、これは。芋には思えないって感じぃ〜。

猛牛:そうやねぇ、確かにねぇ。

ふひ:お湯割りだと逆に生にあった香りが飛んじゃうんですよ。

ムー:後味が渋い・・・。

ふひ:でも、後味がさらに深くなるっていうか、お湯割りはそんな気がします。

ムー:もうちょっとダイナミックさが欲しいっていうか・・・。男性と同じかも。

隊員一同:ははは!(爆笑)

けん:後にどうしても雑味が残る点は皆さん共通しているということですな。

猛牛:まぁ、エエか悪いかは、それぞれの好みって事やろうけどね。これはわては、生が一番よかですばい。

隊長:飲みやすくていいんだけど、ちょっと特徴を感じにくいなぁ。

あげ:ロックは合わないね。

猛牛:わてはせいぜいお湯が妥協点でしょか・・・。

ふひ:ええ。ロックと水割りは苦味が出て合わないですよ。

荒馬:香りがいいですけど、品がありすぎて、個性がいまひとつ薄いと思いました。

猛牛:では次ぎに参りますばい。

隊長:行きましょう、行きましょう。


名前
評価(5段階)
コメント
隊長 ★★ 香りも芋らしくない。味もない。飲みやすいけど、後味も良くない。特徴がない。
あげまき ★★★ 口当たりはやわらかいが、飲んだ後に苦味が残るのが気になる。芋らしい甘味はない。お湯割りにすると甘味が少し出て、まあ飲める。ロックはいただけない。
猛牛 ★★★ 甘い香り。特徴は少なくすっきりした感じ。まろやかではある。ん〜〜ん、ちょっと大人しいか。お湯でも香りの立ち上がりは薄い。生が一番
しじみ ★★★ 悪くないけど、軽すぎる。関東受けはするなと思う。「飲みやすーーーい」だけ。でも、とても芋には思えない。
ふひと ★★★ 上品な香り。口に含むと爽やかな香りとすっきりした味わいがあるが、後味に雑味が目立つ。たぶん味わいがすっきりしていて、後口が余計残る感じがするのではなかろうか? お湯割りにすると香りが無くなるが、後味が深みが出ておもしろい。ロックや水割りは甘味は出るが、合わない。苦い。
荒馬 ★★★ 香りは特徴的なのだが、飲んでみると上品で、個性が感じられない。飲みやすいが、もう一杯さらに欲しくなる感じではない。お湯割りにしても肩透かしを食らった感じ。
けんじ ★★★ 香りがやわらかい。味もすっきりしている・・・と思いきや、後口に独得の雑味が残る。お湯割りは不可。生が一番。
ムール貝 ★★★ 口当たりはすきっとした感じ。後味にしぶ味が残る。はじめて芋を飲む人にはいいかも。私としてはもう少しダイナミックさが、欲しい。
ほたて ★★ 香りはいいが、味は・・・。料理の邪魔になるようなクセがある感じがします。
★★★ 飲んだ直後の香ばしさは芋特有のものであるが、あまり後を引かず、すっきりとした感じ。悪く言えばクセが無さ過ぎるか。

九州焼酎探検隊TOP