商品名 紫美
種 別 乙類25度 1800ml
製造元 雲海酒造株式会社 鹿児島工場
産 地 鹿児島県出水市
かつて新屋酒造で造られ、同社が雲海酒造に買収された後もその盛名故に作り続けられている『紫美』。原料はさつまいも・米麹で、手作りかめ壷仕込み。紫美山系の花崗岩層から浸出する名水「紫美」で仕込まれたもの。

これは関東の秘剣名誉隊員より御寄贈いただいた。
今回の合評には東京から「いで名誉隊員」がゲスト参加。


猛牛:というわけで、次も秘剣さん御寄贈の『紫美』ですばい。

隊長:ほぉ〜、面白い名前だねぇ。では一口、…………ん〜〜ん。まろやかだ。

KOO:さらっとしてますね。

あげ:でも、なんか香りがないよね、これ。

にし:軽くていいですよ。なんかうちのカミさんはイケそうだなぁ(*^^*)

いで:(ボトルを見ながら)ん〜〜ん。新屋記念蔵製ってなったんだ。なんか凄くいやらしい、いやらしいなぁ。

隊員一同:(爆笑)

しじ:なんか、もー酔っぱらいそうだぁ。

ふじ:私も(爆)。弱いんで。

あげ:なんか舐めてるだけ?(爆)

ふじ:感想考えるので精一杯(爆)

隊長:味はいいよねぇ。

あげ:でも、ほとんど香りがない(^_^;)

しじ:なんか、水っぽく感じますぅ〜。

隊長:これはかめ仕込みの味だねぇ。

あげ:ほぉ〜、かめ壷仕込み。

ふじ:でも先に飲んだのが甘かったから、結構辛く感じますね。

隊長:かめ壷仕込みってのは、なんていうか独特のとろみがあるよね。これはロックの方が合うなぁ。うまいよ。

猛牛:かめ仕込みは独特の味がしますばいねぇ。

KOO:うまいんだけど、ちょっともの足らないかな。

いで:芋臭さが足りない。

しじ:なんかアルコール臭さを感じるんですぉ〜。

ふじ:私も。刺激を感じます。

にし:でも僕は好きですよ。結構重いのが続いた後は、逆に新鮮だなぁ。

KOO:味はいいよ。でも・・・、ちょっと個性がないなぁ。

あげ:これは生じゃだめだね。ロックか、お湯。『桜島』が凄かったからねぇ。

隊員一同:確かに。

にし:フルーティな酒ですよ。

猛牛:いでさん、新屋の時のは飲まれたとですか?

いで:いや、持ってますけど。開けてない。開けられなくなっちゃって(爆)

隊長:いま何本くらいお持ちなんですか?

いで:う〜〜ん。いま130本ちょっと位でしょうか。

KOO:焼酎蔵が家にあるんじゃないですか?

いで:いえいえ(^_^;)。家にしまい込んでるんですけど・・・。自分で言うのはなんですけど、嫁さんの理解がないと・・・。

KOO:よくできた奥様で(爆)

いで:もう入るところには入れ込んで、でダ

イニング・テーブルの上にも三列四列ってなってきたんで、「じゃ、ここに入れなさいよ」って女房が米櫃を出して来たときは、もうすごい反省しました(^_^;)

隊員一同:(爆笑)

隊長:ほんとおかしいなぁ(爆)

にし:奥様は飲まれないんですか? 帰ったら減っとったなんてことは?(爆)

いで:晩酌してたら、横でちょっと飲むくらいですよ(笑)。ま、『紫美』は正直に言って、端麗なさらっとした味ですよね。あんまり好きじゃなかった。

あげ:私も好きじゃない。

隊員一同:(爆笑)

いで:ただ名前で違う付加価値が付いちゃったんで、少々美化されたっていうか。今日改めて飲んでみて、ま、やっぱり端麗というか。

あげ:ん〜〜ん。ロックやお湯割りにしても、生で飲んでも、飲んだ後の感じが、あまり味に変わり映えがないのよね。

しじ:これって関東なんですかねぇ〜?

隊長:いや、これは鹿児島、出水のだね。

いで:薄いっていうか、さらっとしている。芋臭さがないと言うか。

隊長:かめ仕込みにすると、どうしてもさらっとするんだろうね。

KOO:それはあるかもしれないですね。

いで:これはひとつには、水なのかなって僕の仮説があるんですけど。出水で水ってのも出来過ぎの解釈かもしれませんけど。この『紫美』とか・・・あともう・・・出てこないなぁ、ちょっと酔っぱらってるかもしれない(*^^*)

隊員一同:(爆笑)

いで:神酒造ですか、あの辺がこういう端麗系の、こう平坦なのが多い。変なところが出ない、アルコールのピリピリも出ない代わりに、芋の臭さもでない。バランスが非常にいい。というのが出水、ここに限らず。

KOO:詳しいよねぇ〜

隊長:あのあたりの・・・『島美人』はどうなんですか?

いで:『島美人』は、もう、平均、合格点ですよね。今のいい方ですると、出るところもないし、凹むところもない。

KOO:『伊佐錦』はどうでしょ?

いで:『伊佐錦』もそうですね。前に北九州の酒屋さん達がブラインドテストをやったんですけど、それの余ったやつを持ってきてもらって・・・。同じボトルで、15本ずらっと並べて。瓶の前にワイングラスを置いて。まず香りを確かめてから、生とお湯で飲む。お湯から後は好きに飲むんですけど。生の印象、お湯での印象・・・その時に一番評価が高かったのが『伊佐錦』。

KOO:出るところもないし、凹むところもないと・・・。

いで:不思議なことに、自分の評価もそうなるんですよね。飲み比べたときに。どっかが出ちゃうと、おや?って痛み感じちゃう。それが自分の好きなやつだと「これは堪らない」になるんですよ。

隊長:なるほど。

いで:僕がその時選んだのは『伊佐大泉』だったんです。焦げ臭い、あれがよかった。自分の鍵穴にはまるとこれはたまらんっと。自分にとっての焼酎のマスターキーっていうんですか? それはいまは『伊佐錦』、あえて言うと『黒伊佐錦』と『島美人』。

KOO:いま地元鹿児島で一番売れてるのが『黒伊佐錦』、二番目が『島美人』ですよ。

隊長:ほんと、いでさんはよく語ってますよね。大したもんです。

猛牛:というわけで、次に参りますか?

隊長:行きましょうぞ。


名前
評価(5段階)
コメント
隊長 ★★★ 生で飲むとかめ仕込み独特のまったりした甘さがGOOD。でもお湯割りはちょっと物足りない。
あげまき ★★★ ほとんど香りがない。名前はやわらかいが、味としては飲んだ後にきつさが残る。生でもお湯割りでもロックでも味に大きな変化がない。飲んだ、という感じを味わいたい人にはいいかも? 私の好みではない。
KOO ★★ うまいが、サラリ。もっと個性が欲しい。
にしやん ★★★★ さらっと軽くて、好きです。女性好みかなぁ。重いのがつづくと、ホント美味しく感じます。
猛牛 ★★★★ かめ壷仕込み特有の、いい意味でのエグ味というかコクが少なく、あっさりした味わい。丁寧な造りを感じさせる。先に『桜島』を飲んだためか、芋臭が相対的に軽く感じてしまった。わてはお湯割りがいいですね、これは。
しじみ ★★ 水っぽい。クセがない。あまり面白みなし。アルコール臭が強い。ミネラルウォーターか、と思った(^_^;)
ふじつぼ アルコールが鼻につく
いで ★★★ 雲海酒造に変わったからといって、変化はない。突出するところがない代わりに凹むところもない。湯で割ると甘みが立って来るのは評価点。これで★ひとつ追加。
GEN ★★★ 甘い中に、ほのかなイモ香がある。好きな味です。

九州焼酎探検隊TOP