商品名 球磨の泉 原酒
種 別 乙類41度 720ml
製造元 有限会社 那須酒造場
産 地 熊本県球磨郡
「球磨焼酎の精髄を味わう」の第6弾。SASANABA名誉隊員が、まさに精髄と太鼓判の一本だった36度ヴァージョンのリニューアル版。原料は米+米麹。この商品は那須酒造場さんより直に購入。価格は1700円。那須酒造場さんについてはこちらを。

今回の合評には新隊員のえいじこ、ベス両名が初参加した。


猛牛:今回の最後は『球磨の泉』の原酒2本ですばい。右が36度のオリジナルですけんど終売になった分。左が新しくリニューアルした41度ですばい。

隊長:これが最後のやつ? ああ、那須社長がまだ値段が決まってないとかおっしゃっていた原酒だね。ここは息子さんが美形でねぇ〜。

はま:そうなんですか?

隊長:うん!

はま:それだけで点が上がるとか?(爆)

隊長:そうそう、女性陣が“ジャニーズ系”だって大騒ぎしてたからね(爆)。女性票を稼ぐかも知れないよ(爆)

はま:ははは。

隊長:岩倉さんのところみたいに、親子三人でやられているんですよ。

はま:会ってみたいですねぇ〜。

隊長:さて、一口。ん〜〜ん。あまりクセを感じないねぇ。意外と飲みやすい。

ナオ:『球磨の泉』・・・、なんか聞いたことあるなぁ〜〜〜〜(-ー;。

隊長:ナオさん、来れば良かったのに(球磨焼酎セミナーのこと)

あげ:わざと言う(爆)

ナオ:やっぱり俺が行かなきゃ、ですねぇ!

隊員一同:ははは(爆)。

あげ:もう朝方まで飲んでいたもんねぇ。

隊長:けんじさんなんか喜び勇んでいたよ。ほんと若いのに、彼は詳しいよね。

とり(しげしげと眺めながら)ラベルのアルコール分の表示、マジックで塗りつぶされてますよ。

隊長:いかにも手作りって感じだよね。

猛牛:蒸留の度に度数が微妙に変わるらしいですたい。

とり:なるほど。

あげ:これも常圧なんでしょ?

猛牛:『球磨の泉』はガンガンの常圧ですたい。

隊長:ほんと、微妙な差だよね、これは。みんなレベルが高いからね。

とり:うむ。僕は米のオーソドックスな味は自分に合わないのかもしれない。逆に今日の麦はものすごく好きだなぁ〜。

荒馬:今日もむすかしいですね、評価が。どれも美味いから。

ナオ:まずい酒をひとつ混ぜて貰わないといけない(爆)

とり:そうなんですよねぇ! これだって、普通の酒に混じってれば、すごくいいんですけど。

ナオ:米だけで考えると難しいかも知れない。

荒馬:むずかしいねぇ。

あげ:たぶん、これはお湯の方が美味いかもしれない。

とり:前回と今回米を飲んでみてよくわかりましたけど、僕は麦が好きなんだなって。今日の最初のと、え〜と『寿福』と次のも美味しかった。自分には麦が合ってる!!!

猛牛:・・・で、最後に行き着いた麦が『○い○こ』やったなんてね。

隊長:僕は『○い○こ』が好きどぅえ〜〜〜す!なんて叫んだりしてさ(爆)

隊員一同:がっはっは!(核爆)

あげ:これはやっぱりお湯の方がいいねぇ。うん。

ベス:お湯で割ると甘味がぐっと出てくる。

あさ:やっぱり、お湯で割るのが正解だと思いますよ。

ベス:お湯で割るとクセが飛ぶんでしょう。

あげ:お湯割りだったら、食中でも料理を邪魔しない感じ。

とり:ええ。これはお湯割りは好きだなぁ。

えい:これは割った方が美味しいですね。

とり:お湯割りにした方が、なんかいろいろなトゲトゲしたものが無くなって、とても滑らかになる。

あげ:そうそう、生だとビギビギ来るのよ。

とり:ビギビギ来ますよね。

あげ:口の中で暴れ回るっていうか、ね。でも、お湯割りだと穏やかになる。

とり:おかげで★がひとつ増えたと(爆)。

猛牛:次は41度ですたい。

ナオ:これも原酒ですよね・・・。

ベス:あまり変わらないよなぁ〜。

隊長:これをほんと、生でガラで飲むとまたいいんだろうけどね。

あげ:チョクでちびちびとね。

猛牛:火鉢でやるとよかですよ(爆)

あげ:そうやって飲む焼酎かも知れないね、この味というのは。

隊長:そうそう、牛さんが火鉢で燗付けしたじゃない。あれを見て、僕も家にあった火鉢を捨てるつもりだったけど、やめたよ。使おうと思ってさぁ(爆)。・・・でも、41度は36度よりもちょっと強い感じが当然する位で、本質的には変わらないな。

あさ:そういう意味では、ちゃんと味を守っているということですね。

猛牛:36度でも味が分厚いですけんねぇ。わてはどちらにしろ、美味いですわぁ〜。やっぱ生が一番!

隊長:うん、そうだね。

荒馬:『球磨の泉』がいちばん、常圧っぽさが出ている感じです。

あげ:そうそう、そんな感じよ。

荒馬:ま、全部常圧で造られてるんでしょうけど、ま、常圧でも強いところと弱いところがありますけどね。

隊長:でも、あれだね。前回今回と球磨焼酎の最高級レベルの焼酎を飲ませていただいたわけだけども。球磨焼酎の課題もなんとなく見えてきたって気持ちがしてきたね。

猛牛:と言いますと? 隊長、どげなことですかい?

隊長:通して飲んでみて、つまり味わいの差、落差がないというかね。もちろん、前回からの6銘柄はそれぞれ美味いし、評価するのもむずかしかった。でも、確かにそれぞれの個性はあるんだけど、芋焼酎のようなメリハリが弱い気がするなあ。米焼酎という性格かもしれないけど、減圧になると、さらに差が出なくなるだろうね。

猛牛:お酒屋さんなんかも、お客に押しにくいジャンルとよ〜言われますばい。ビギナーにはいいけど、味が似ているので棚に多く並べることはしない、とですね。

ナオ:基本的に認知が足りない気がしますね。球磨と聞いてイメージが湧かないんですよ。なんか指名買いするようなイメージっていうのが。

猛牛:確かにスター選手がおらん、少ないのがあるやろうけどね。

荒馬:米焼酎は酒の代わりっていうか、日本酒の代わりみたいに重なるんですよ。

ナオ:米焼酎でも日本酒的な焼酎もありますよね。

とり:日本酒を煮詰めたようなね。

隊長:なんかねぇ、特徴が無くなると言うか。レベルは高いけど、良すぎてねぇ。強烈な特徴がない、芋みたいなね。悪女が居ないのよ(爆)

猛牛:やんごとなきお姫様ばかりやと・・・。隊長はオキャンな町娘好き?(爆)

隊長:そうそうそう! たまには狂うてさぁ、江戸の町に火事を起こすとかさぁ(爆)

猛牛:焼酎振袖火事(爆)

ナオ:なんか日本酒的な方向性を追求すべきではないと思いますよ、個人的な考え方ですけど、ただ単純に米だからってあえて日本酒的になる必要はないんじゃないかな。

隊長:前回今回と通して飲んでみたら、よく解ったよ。いろんなことが。

猛牛:というわけで、二次会兼忘年会に参りますか!

隊長:行きましょう!行きましょう!

ミミミミミミミミ(*^)(*^)(*^)(*^)(*^)(*^)(*^)(*^)(*^)(*^) (*^)/


■『球磨の泉』原酒36度
名前
評価(5段階)
コメント
隊長 ★★★★ 生でもロックでも、クセがなく、飲みやすい。お湯で割ると、食前・食中・食後でも、飲みやすい。
あげまき ★★★ 生で飲むと、口当たりがピリッとくる。お湯割りは軽く甘味も感じられて飲みやすくなる。生やロックだと続かないが、お湯割りだと毎日の晩酌に飲める焼酎に変化する。
猛牛 ★★★★★ この香り、味わい、分厚い存在感。心底、美味いと思います。今日飲み直して、球磨焼酎の常圧に完全にハマってしまった自分が分かりました。もうこういう味じゃないと満足できない! ガラで、生のまま直燗、小さいチョクでちびちび飲る、ぬぅあんて快感を知ったら、抜け出せません。生、ロック、お湯割り、全体的に高レベル。生が一番好き!
荒馬 ★★★★ 常圧の風味。旨さがある!
あさり ★★★ 米麹の甘い香り。伝統的な球磨焼酎。お湯で割ると甘味がやわらかく拡がる(ちなみに那須さんは割水して燗つけして飲むそうです)。個性を求める飲兵衛にはいいかも。ビギナーにはちょっとつらいかな(クセがありますから)。蔵元さんに従って飲むのが、一番美味しいかも。
はまぐり ★★ 米というのは、やはり私は苦手なのですが、これはまだ飲める方。私にとっては芋の方がよっぽど安心感がある。その安心感って芋の甘みだろうなぁ。何かで割って、サラサラと飲みたい。
ナオ ★★ 前のふたつに比べれば、味が薄い感じがする。おいしいのだが、あっさり過ぎて、生やロックでは物足りないかも。お湯割りの方が香り立って良い。
とりかわ ★★★ お湯の方が、なめらかになって、味もいい感じになりました。
Dチン ★★★★ 米という割には、相当クセがありますね(僕が米が苦手なせいでしょうか)。それがまた美味しいんですけどね。
えいじこ ★★★ ツーンと突き抜けた後、甘味が出ます。
ベス ★★★ 少しクセがあるが、飲みやすい。お湯で割るとクセが飛んで甘味が増してくる。
■『球磨の泉』原酒41度
名前
評価(5段階)
コメント
隊長 ★★★★ 36度と基本的に変わらないが、41度の方が常圧的な香りの良さが残って、良い。ただ今回の銘柄はみんなレベルが高いが、高すぎるが故に、米焼酎としての特徴が見えにくい感じがした。
あげまき ★★★ 36度と比べると、41度の割りには生でもやわらかくて飲みやすい(飲みやす過ぎる感もある)。ロックにすると生よりもちょっと主張が出てくるが、中途半端かな?
猛牛 ★★★★★ 41度でもイヤな刺激がない。まろやかでブゥ〜ンと拡がる香り、甘味が最高です。やっぱりわては生が一番ですな(*^0^*)
あさり ★★★ さらにアルコール度数が高くなった分、揮発性が強い感じ。お湯割りで決まりでしょう!
はまぐり ★★ 同じ米でもこちらの方が好み。私にはこっちの方がトゲがなく感じる。まろやかでやさしい米ですね。それでも芋のやさしさの方が情が厚いような感じがします。
とりかわ ★★★ ごめんなさい。36度との違いがよくわかりませんでした。
えいじこ ★★ 度数が高いため、味が飛んでしまう。
ベス ★★★ 36度とほとんど同じ。度数が高い分、飲みにくくしている。

九州焼酎探検隊TOP