商品名 いも麹 芋
種 別 乙類26度 720ml
製造元 国分酒造協業組合
産 地 鹿児島県国分市
全てを芋だけで造ったという国分酒造さんの人気商品。本商品誕生の舞台裏は国分酒造さんのHPに詳しい紹介が為されている。原料は芋麹とさつまいもで、仕込み年度は2000年。これは猛牛が「酒のこばやし」さんより定価で購入。

今回の合評には新隊員の「荒馬」さん、関東から「いで名誉隊員」がゲスト参加。


猛牛:さて、次は『いも麹 芋』。芋だけで造ったちゅー作品ですばい。

隊長:これが例の芋麹のヤツ?。一度飲んでみたかったのよ。

猛牛:国分の笹山さんの自信作ですばいね。

いで:そういえば横浜でやってる泡盛の会に笹山さんが来てたんですよ(爆)。

隊長:じゃ、一口。…………甘味がちょっと足らないかな。

荒馬:でも、さっきのと比べたら、ものすごく美味く感じますね!美味しい。

いで:今が、チャンスタイムですよ(爆)

隊員一同:(爆笑)

隊長:ほんとだよね。さっきのがあまりに主張が無かったからねぇ。

荒馬:ちょっと西さんのところとは違いますよね。なんというか、芋の皮の風味がある。より芋に近いというか。

隊員一同:なるほど。

荒馬:西さんのところは、芋と言うより、バニラじゃないですか?

いで:あれが芋麹の特徴だと言ったら、間違えますよね。

猛牛:“全量”でしょ? あれは甘すぎますけんねぇ・・・。

いで:あれはウソ臭いもん(爆)。

荒馬:こっちの方が、芋!って感じがあります。皮の所の風味がしっかりしてます。

隊長:芋と米麹が醸す、独得の甘味っていうか、それは無いんだなぁ。

あげ:そうそう、甘味が薄い。

猛牛:そう言えばいでさんは、雑誌『dancyu』の特集号で銘柄選定をされとったでしょ?

あげ:あれは凄い特集でしたよねぇ。

いで:どちらかというとあれは芋芋芋って力が入っていて、米麦は、あれあれ?? ヘナヘナって感じになってましたよねぇ。

荒馬:どちらも米麦って言うのはあまり取り上げない感じですね。

隊長:やはり『兼八』みたいにガツン!とくるような銘柄が少ないんですか?

いで:僕は、だから『兼八』と『山乃守』を挙げたんですけど。壱岐の麦です。

猛牛:ちゅーことで行くと、やっぱ次は球磨焼酎ですばいねぇ。

いで:それは間違いないでしょう。

猛牛:カードは限られちょりますけんねぇ。次に引かれるのは、もう球磨焼酎やろうと。

荒馬:球磨焼酎にはまだスターが出てきてないですからね。それが登場するのが楽しみですよ。

猛牛:『しろ』が有名ちゅーても。SASANABAさん、お怒りの『しろ』。肩書きが純米焼酎だと(爆)

いで:故郷・球磨焼酎を捨てた焼酎と!(爆笑)

隊長:ほんと球磨焼酎がこれから一番将来性があるんじゃないかな? 幅というか。

いで:やっぱり最近は寿福さん、絹子さんの露出が増えてきましたね。

隊長:そうですね、ほんと。結構出てきましたね。

いで:やっぱり露出度に比例するんですかね・・・。芋焼酎で言うと、西さんとか佐藤さんとかが東京に出てきて、それをメディアが取り上げて、で今の状態があるというか。寿福さんも、その線にのっけるかなぁと。

隊長:なるほど。

いで:球磨焼酎の蔵元さんって、すごい出不精っていうか、出てこないですよ。あまり関東に出てこられないでしょう? 蔵直って感じよりも、卸に任せて「さあ、売ってくれ」というイメージがします。

荒馬:確かに球磨焼酎は露出が少ないですよ。山奥に籠もって・・・。意外とマーケティングは下手だと思いますね。

猛牛:話戻しますが、お湯はどげんです?

荒馬:うわぁ〜〜! お湯はいいなぁ! いも麹のお湯はいいなぁ!!

隊長:芋でお湯が悪かったら、終わりやもん(爆)

ふじ:美味しいですね、これ。香りも味もちょうどいいです。

猛牛:最近は熟成ブームみたいなもんですばってん、そげなんが多かですにゃ〜。

荒馬:最近、『村尾』のことを“長期熟成の名品”とか紹介していた店がありましてね。でも、実は逆で村尾さんは一月、早いときは2週間で出荷するんですよ。

隊員一同:(爆笑)

いで:そうそう!“生ビール”感覚!(爆)

荒馬:あそこは生だもん。

いで:焼酎界の生ビールですね(爆)

猛牛:ほんとイメージばかりが先行しちょるちゅーことですばいねぇ(苦笑)。というわけで、次は「野うさぎ対決」と参りますか。

隊長:課題に入りますか(爆)


名前
評価(5段階)
コメント
隊長 ★★★ 芋麹のせいか、芋焼酎らしい甘みがない。ロックがおすすめ!
あげまき ★★★ 生でも口当たりはまろやか。甘味はなく、日本酒で言えば端麗辛口っぽい。ロックは甘味を感じ、旨味が出てくる。ロックだと美味いが、但し飲み過ぎるときついかも。お湯割りにしても芋ならではの甘味があまりない。
猛牛 ★★★★ 芋焼酎らしい独得の甘いぶわ〜〜んとした香りは少ないが、この商品は芋の別次元を創っていると考えれば、納得できる。口当たりもよく、わてはロックが一番好き。独得の甘いがいい。
ふじつぼ ★★★★ 程良い芋の香りと味。おいしいです。
北郎 ★★★★ 生は味がよく、匂いも好みです。ロックは飲みやすくなって、さらに良い。お湯がやっぱり一番かな。美味しいと思います。
いで ★★★ 実は初めて飲む2000年バージョン。1999年のカラッとした感じからすると、だいぶこなれた感じ。個性が少し大人しくなって、物足りなくなるのは、私の悪いクセ(^_^;)
荒馬 ★★★ 旨い。正しく芋の風味が豊か。甘味が良い。お湯割りはさらにいい。立ち上る香りが甘い。ロックにすると少し個性が弱まる。温もりのある方が良い。

九州焼酎探検隊TOP