2003.01.19 by 観戦武官・猛牛

■1月16日、ついに隊長の内職、実施さる!

先週の木曜日、夕方6時30分から、筑前のシニア向け情報誌『ぐらんざ』さんのセミナー『九州銘酒談義』が開催された。講師として登場したのは、同誌の美女副編集長に依頼されて一も二もなく了承した隊長ぬぅあんである。

突然に参加者募集告知を見せられた話は以前アップした。

まぁ、隊長がどげな事しゃべるのか・・・ということはまったく興味なく(爆)、隊長が鼻の下を伸ばしたという副編集長のご尊顔を拝むこと、そして隊長に支払われるであらふと想定されるギャラの強奪が目的で、会場を覗いてみることにしてみた。

■50人ほどの参加者を前に・・・。

仕事が引っかかって、開会の儀を見逃してしまった(T_T)

飛び込んだ会場は、天神のとあるビルの会議室。約50人の参加者を前にして隊長の話はスタートしていた。

参加した方々は、熱心に隊長の話に耳を傾けている。わてはと言えば、隊長の話は上の空、美女副編集長の姿はいずこ?(@_@;)と、目が血走る。

会場の後方には、試飲する銘柄が16種ほど並んでいた。

さて下記画像の右が、当日わてがギャラ奪取計画のために仕掛けていた爆弾=国分酒造さんの『純芋・醸酎 2001年仕込み』である。

わて「隊長。わてもセミナーのために、1本差し入れさせてもらいますけん(^_^)」
隊長「悪いねぇ〜、牛ちゃん」
わて「家に買い貯めたのがありますけん、編集部に届けちょきます(^_^)v」
隊長「ありがとうなぁ〜」

隊長のセミナーデビューを応援しようという差し入れと思わせて、実は隊長が取得するはずのギャラを隊の飲み会で消費させる「恩着せ強奪」の筋書き。ふふふ。

■16銘柄を飲みまくりの後半戦、宴たけなわの試飲会。

というわけで。隊長、いや“先生”(どこがやねん(──;)の御口演を拝聴したあとは、怒濤の試飲会が開催された。

会場内の試飲銘柄はすべて焼酎。参加者も、一銘柄一銘柄、丁寧に味を確かめていた。中には、関係書籍をしっかりと読んでコレクションもしているという熱心なファンもいて、話も盛り上がる。

隊長とは同年代の参加者がほとんどであるため、話も合いやすいとでしょう。

会場のあちらこちらで、参加者と隊長が談笑する姿が見られたのであります。

ええですなぁ〜、こういう集まりは。

わても、何銘柄かご相伴に預かりましたです。仕事が完全に片付いていたら、全部飲むつもりだったが、残念(T_T)

■肝心の美女副編集長と、ギャラはどこに?(-"-)

ちゅーわけで、今回目的のひとつ、美女副編集長を激写してやろうと思ったが、なかなか近づけない(T_T)。なんとか近接しての一葉がコレ。どこ狙ってんだ?(-"-)と、隊長の厳しい視線が、デジカメの土手っ腹に突き刺さる。

うむ。美しいねぇ〜。弁舌も爽やか。隊長が今回の話を即決したのが、よく解る(爆)。参加者にもファンが多く、何人かの方が副編集長の前まで来て話しかける。わてもちょいとご挨拶してみた。

わて「すんませんが、ご尊顔はモザイク無しで出して、良かですか?」
美女副編「や、止めて下さいよぉ〜。恥ずかしいですから(^_^;)」
わて「今回のセミナーの社会的意義を伝える上でも、そんまま掲載させてくれんですか!」

交渉は成立せず、上記の如くと相成った。しかし、まさに今セミナーの華は美女副編集長であり、会場を照らし出す大いなる光輝を放っていたのである。ああ、眩しいぃ〜。

セミナーもそろそろ終幕が近づいてきた。肝心のギャラはどうなったのか?

「終わったら、ギャラでパーっと行きましょうか?\(^0^)/」と隊長に水を向けると、

隊長「ギャラ? んなもん無いよ! 副編集長のためのボランティアたい!」
わて「ええ?(>_<) うそぉ!(~Q~;)」
隊長「ギャラ無し! 気持ちの問題なのよ!」

◇   ◇   ◇

狙っていた獲物が蜃気楼であったという愕然とした幕切れとなった( ¨)( ‥)( ..)( __)

しかし。隊長のリタイア前、そしてその後の一つの楽しみになってくれたらいいなと、探検隊発足時にお誘いしたわてであったが、その甲斐はあったようである。

わても、『ぐらんざ』の対象読者年齢にドン!と突入した時、隊長のような華がある爺様になっていたいもんだ。前向きに、エネルギッシュに、軽やかに・・・。


九州焼酎探検隊TOP