2003.02.15 by 猛牛

今週、日向〜薩摩出張の旅に出られたカネゴン隊員・・・の同僚の方から、突然隊本部に報告が入った。垂水に立ち寄った同隊員、道路沿いに屹立していた某有名な垂涎の幻のブツを見つけた、というのである。

なにかと思ったら、あの『森伊蔵』デカイ看板であった。

後輩のむきたまご隊員と共に、熱烈なる同品の信奉者であるカネゴンさん。さすがにこれは貴重な発見だと、看板前で記念写真・・・あの『森伊蔵』の巨大看板との2ショットに喜色満面の表情である。

しかし、それだけでは納まらず、偶然トランクに載せていたスコップで土台を掘り起こし、筑前に看板を持ち帰ろうとしているといふ。スーツを脱ぎ捨て、作業着に着替えての仕儀。

いやはや、焼酎道も極まったというべきか(@_@;)

コンクリートの土台を壊すだけでも大変な重労働ではあるが、現在もまだ掘り起こしているのかどうかは聞き漏らした。

来月あたり、筑前に『森伊蔵』巨大看板が凱旋する日も近いか?(@_@;)


九州焼酎探検隊TOP