『萬年』、渡邊酒造場さんの煙突。

それは創業した大正の時代から、ずつと立つている。

宮崎県田野町、

駅の近くに、それは立つている。

夜が明けて、朝が来ても

昼が過ぎて、また夜が更けても、

それは立つている、立つている。

赤茶けた煉瓦造りの煙突は、

これまで何を見てきたのだらふ、

これから何を見守るのだらふ。


「ふぁ〜、飲み過ぎて腹減っちゃったじょぉ〜(~Q~;)」

「ラ〜メン、たぁべたぁ〜い(@_@;)」


そんな感慨も一瞬でしかなひ。

煙突はずつと立つたまま、それを見下ろしている。

2003.02.16 by 猛牛 Photo by カネ

九州焼酎探検隊TOP