2001.10.22 by Exit 牛三郎

現れ出たるぞよ! まさに「球磨寅の艮神」様のご出来じゃ! 「焼酎弥勒の世」がついに参ったぞよ!

球磨焼酎の、聖地と言えば、火の國、肥後の国、熊本県は人吉じゃ! その人吉に「球磨寅の艮神」様が御降臨遊ばされたのじゃ! 有り難や!勿体なや! 顕現されたは“焼酎量り売りの店”じゃ! その御名前は『一期屋』と言われる!

鎮座されたは、人吉市九日町通り! メインの商店街に面した、鍋屋本館とグランドホテル鮎里の間と言ふぞ!

しかして、その御霊験じゃが、「焼酎の量り売り」「マイラベル作成」「ガラスアート体験」「地元のクラフト販売」と、まっこと有り難きこと。

さらに、さらにじゃ! その一角に試飲コーナーもあると言うぞ! まさにいぢ汚き飲兵衛・猛牛が待ちかねた「焼酎弥勒の世」の到来じゃ! 球磨焼酎の、そのまた本地で味わうSPILITSの御垂迹、ほんに御霊験あらたかなるぞぉ! 

ところでじゃ! 近郷近在の衆が噂するに、今回の量り売りの目玉、なんといっても峰の露酒造さんの、『繊月大古酒』が勧請されていることと言ふぞよ!! 百mlが七百円!! とはいえ三十年以上の古酒であるがゆえ、値段高きも納得であろうぞ! 「『繊月大古酒』の御霊験は如何に?」と、信心お試し、少量買うも一興じゃ! あな嬉しや。

神に障れば祟りもあるが、『繊月大古酒』触れば、夢、極楽の心地ナリじゃ!


さてさて、じゃ! まっこと有り難き御鎮座であらせられるが、ななななな、なんと残念無念は、顕現あらせられる期間が、決まって居るのじゃ(T_T)。 勿体なや、口惜しいや!

本年は10月6日から12月2日まで! 金・土・日・祝のみであるぞ! 刻は10時〜19時の間と言ふ。時間は限られて居るぞよ!

まさに一期一会の『一期屋』じゃ! 一期でのうて二度三度、末期の水も焼酎を、と骨身惜しまぬ蛇ユーザーなら、人吉まで足を運んでお参りじゃ! パンパンパン!と柏手打って、一献二献と斎戒沐浴、焼酎信心の大本は試飲じゃ! 首まで浸かってバチは当たらぬぞよ!

牛もトラになること請け合いじゃて! ささささささささ〜(*-)


九州焼酎探検隊TOP