作成 2004.08.06 電脳保険師 猛牛
 
このテストは、本格焼酎を飲むファンの皆様の“健康度”を診断するものです。肉体的健康につきましては飲む方の自己責任であり、本診断は節酒を訴える“網上防災放送”を意図しているものではありません。飲みたい方は毎日楽しく飲んでいただいて消費拡大にご協力ください。
 
STEP1:さて、テストに入ります。まずはペンとメモ用紙をご用意下さい。
 
STEP2:下記に掲げた20項目の内、ご自身が「そう思う」というものについてチェックして下さい。(なお項目中の「焼酎」は、本格焼酎を指します)
番号
チェック項目
チェック
01
九州の人間は、みんな黒千代香で焼酎を飲んでいる。
02
プレミアム焼酎以外は、飲む気がしない。
03
お湯割りにポットのお湯など言語道断。そんな飲み方は許されるべきではない。
04
米焼酎は焼酎ではない。
05
焼酎の産地は、鹿児島県の他は知らない。
06
お湯割りの水は、蔵の仕込み水ではないと美味しくない。
07
芋焼酎だけが焼酎であって、その他は焼酎ではない。
08
割り水して長期間はそのまま置いて熟成させないといけない。
09
石原けんじ大佐の遅筆には困ったものだ。
10
お湯割りの温度には厳密でなくてはいけない。温度計できっちりと計測すべきだ。
11
なぜか、すぐに瓶の底が見えてしまう。
12
「焼酎道」という家元制度を立ち上げるべきだ。
13
繊月酒造御息女・堤純子さんの随員となってアメリカに行きたい。
14
「中圧」という言葉が気になって、夜も眠れない。
15
焼酎を飲むには知識と理論が必要である。
16
焼酎道とは、武士道と見つけたり。
17
石原けんじ大佐が自分だけ「アラ」を喰ったのは、許せない。
18
クラスターを破壊するので、レンジでチンでお湯割りは絶対に避けるべきだ。
19
宮崎県や熊本県がどこにあるのか知らない。
20
本格焼酎を飲む時に「やっぱり梅干しがあれば」と内心思っている。
STEP4:さて、チェックした項目について数を合計してください。その数があなたの本格焼酎の“健康度”を計るバロメーターとなります。
 
STEP5:では、結果です。次のページで結果をご確認下さい。
 
CLICK!!