商品名 眞  露(JINRO)
種 別 甲類25度
産 地 韓 国
昨今、関東圏で爆発的人気の甲類焼酎「眞露」を記念すべき第1回合評会のテーマに選んだ。ご存じの通り倍々ゲームで売上を伸ばしている外国産の甲類焼酎だ。

「このコーナーは乙類の天国・九州の焼酎を語るのではないのか?」

いや、乙類を語る上で甲類との比較は欠かせない。「眞露」の関東圏での人気の秘密を探ることで、探検隊は焼酎の杜にその第一歩を記したのだった・・・。


隊長:最初は「生(き)」で飲まないとね。

隊員一同:はいぃ〜〜。

隊長:では、一口。…………甘いねぇ、こりゃ。

西島:隊長ぉ、韓国の本場ものはまだ甘いそうですよ。

猛牛:ということは、日本に輸入されているのは味を変えてるってことっすか?

西島:そうみたいですよ。甘みについて若干マイルドになっている感じです。

隊長:この甘みは別に嫌みな感じではないね。女性に受けるやろうなぁ。

KOO:・・・とても甲類とは思えないほど、甘みと味がありますね。

西島:ふつう、甲類のアルコール臭がなんともはや、なんですけどね。我々からすると。

CAMEL:もろアルコール臭くないところが、関東で受けてる原因でしょうかねぇ?

猛牛:関東では甲類はサワーで飲むもの、みたいな既成概念があるみたいですばい。関東の友人に聞いた話ですけんども。

KOO:この甘みは、ある種関東では“カルチャーショック”だったかもしれませんね。

隊長:ちょっとロックでやってみるか……

猛牛:隊長、どげんですか?お味は?

隊長:ひゃ〜〜、まずいね、こりゃ(T_T)

隊員一同:……納得!やっぱり生ですな。

KOO:お湯割りでも論外みたい。止めておきましょう(^_^;)

隊長:原料は米かなぁ?

猛牛:さっき眞露ジャパンのHPを見たら「地下100mから汲み上げた良質の水、厳選した米と麦、不純物を完璧なまでに取り除く蒸留法、コンピューターによる徹底した品質管理」とあったですばい。

KOO:米と麦か。この甘みは米だけの感じがしましたけど。

隊長:工業製品的な甲類としては、旨味を感じるな。

西島:甲類にしてはなかなかの味ですよね。初めて飲みましたけど、いいなぁ。

CAMEL:僕はワイン派なんっすけど(^_^;)、これは飲みやすいです。でも生だとキクなぁ・・・(*^^*)

隊長:ふだんは乙類しか飲まない我々探検隊からすると、及第点と言えるかな。


評価(5段階)
コメント
隊長 ★★★ 25度甲類としては初めての味です。チョット甘さが気になるが、それが原材料の甘さなのか知りたい。ボトルデザインがjアンドmに似ているので女性に受けるかも。小正醸造のリキ-ルの焼酎にチョット味が似てるきがしました。
KOO
西島
猛牛 ★★★ 甲類には珍しく「味」があったのが、驚き。でも九州では乙類があるので根っからの焼酎好きには浸透は難しいかも。
CAMEL

九州焼酎探検隊TOP