四 いずみや
2001.06.05 by 猛牛

平成酒販侠客伝の第四回は、福岡市城南区にある『いずみや』さんをご紹介したい。さて、この『いずみや』さんを知ったのも、六本松の居酒屋『之の字』の大将・荒巻之彦氏のご教示によるものだった。

いで名誉隊員に教えていただいたあの麦焼酎の傑作『兼八』は、わて一押しの麦なのだが、それを筑前市中で置いている店はないだろうかと荒巻氏に聞いてみた。同氏から返ってきた答えが『いずみや』さんであった。同氏の話だと料飲店への商品納入については相当に厳しいチェックが待っているという。ん〜〜〜ん、頑固な酒屋。いいねぇ。

というわけで、前回の『ほしくま酒店』さんと同日にうっちん隊員と『いずみや』さんにお邪魔することと相成ったのであります。


■元大手醸造メーカー社員だった林大将

『いずみや』さんの所在地だが、表通りから横道に入ってさらに奥まった人目に付きにくい場所にある。詳細な地図がないと正直わからん所にある。

そういえば宇美町の『宮内商店』さんもそうだったが、なぜか良い店は“隠れ里”的な所にあるようだ(爆)

逆に言えば、そういう場所にあるからこそ、酒販店としての強烈な体臭(言い換えれば、他店との差別化)を発散する必要があるのかもしれない。

そして実際にお会いできた大将の林晃弘氏は、まさに酒販店のオヤジとしての個性をぷんぷんに発散されている人物であった。

店主の林 晃弘(てるひろ)氏
林大将はもともと某大手醸造メーカーのサラリーマンだったという。薩摩支店に勤務していた頃、焼酎の蔵元さんたちとの個人的付き合いがスタートしたとのこと。大将は悪戦苦闘していた頃の村尾さんや森伊蔵さんのエピソードをしみじみと語っていただいたが、

「いま引く手あまたになって、最後に報われて良かったやないですか。いい人生やないですか、と蔵元さんに話したんやけどね。ほんと良かったなって」

とうれしそうな表情を見せたのが印象的であった。また塩田酒造さんについては先代からのお付き合いで、筑前で初めて『百合』を扱ったのは自分の店であるという。現在の社長である塩田将史氏のエピソードも出たが、親子二代との永きに渡る交流に林大将の人柄を見る思いであった。

というわけで、薩摩県内の蔵元さんとの縁が深い林大将であるが、品揃えも自らが飲んで納得できなければ置かないという徹底ぶりは、当然であろう。

■新発売になっていた『兼八』4合瓶

アイテム数は近隣にあるプレミアム・ディスカウンターに比べると多くはない。しかし一般焼酎と共に、林大将が厳選した俗に言う“こだわり系”銘柄が並んでいた。当日行って驚いたのは『兼八』の4合瓶が新しく並んでいたこと。これは嬉しかった!!

林大将が四ッ谷酒造さんに話をして作ってもらったそうである。「焼酎を飲むには4合や5合瓶がちょうどいい。色々と飲み比べしやすいからね」とは大将の自説だ。わてもそのお説には納得。同行したうっちん隊員も横浜の某バーのマスターに飲ませるのにちょうどいいと4合瓶を購入していた。

うっちん隊員は自分用にと『兼八』一升瓶を購入。以前帰福の折に中洲『まりりんBAR』にて飲ませて以来、彼は『兼八』の大ファンになっていたのだった。「あんたにはもったいない。大五郎でも飲んどきやい!(-"-)」とわては思ったが、林大将の商売を邪魔する訳にはいかないので、黙っていた。あ〜〜ん、『兼八』が関東に流出しちゃうじょぉ〜(T_T)。


■夫婦ふたりで焼酎行脚の日々
「酒屋が自分が売る酒のこともわかってないなんて、おかしいんですよ。お客さまに販売する以上はちゃんと商品のことを自分が分かってないとねぇ」

と熱く語る林大将だったが、そういう所が量販店とは違うところであり、こちらとしては楽しい部分である。

林大将がこれまで歩んできた酒の道、徒然なるままにそのエピソードを聞かせて戴くだけでも、ほんとありがたい話だ。

「絶対に顔出しちゃ、ダメよ!!(-"-)」と写真撮影に応じてくれなかった奥さま(^_^;)。林大将は薩摩や日向の蔵元さんに行くときは、必ず奥さまと一緒に行かれるという。

「私一人だと気づかない部分もあるでしょう。その時に家内と一緒だと、家内が気づいてくれることもあるんでね」

と林大将。なんとも微笑ましい夫唱婦随の酒販店経営道と言えそうだ。

「道楽で酒屋をやってるんですよ」とおっしゃる林大将なのだが、これからも奥さまとの焼酎行脚が末永く続くよう祈っております。そしてまたいろんなエピソードをぜひ聞かせてやって下さいまし。

◇    ◇    ◇

量販店や他店との差別化という酒販店が抱える大きな課題。しかし最大の差別化のポイントとは、品揃えよりもむしろ“経営者の人柄”そのものであるという気がする。そのひとつの手本が林大将であると思うにゃ〜。

大将、また『兼八』買いに行きますばい。よろしくぅm(_ _)m


■『いずみや』さんのご紹介

住 所:福岡市城南区友丘6丁目9-32 金山小学校正門前
代表者:林 晃弘氏
TEL :092-863-8989
FAX :092-865-6889

地方発送も承っているとのことです。筑前市内および近郊の方は、実際にお店で林晃弘氏のお話を伺いながら焼酎を買うことをお奨めします。


九州焼酎探検隊TOP