2002.05.07 by 猛牛

筑前・博多を代表する二大祭のひとつ、『博多どんたく』開催を間近にした4月下旬、関東方面隊栃木支隊のお祭り男・銀杏隊員が帰郷された。祭×お祭り男迎撃で、まさに祝祭気分一色となった筑前である。

恒例の歓迎飲み会を一発やっか!と満を持していたところ、あの怒濤の焼酎コレクター・いで名誉隊員が、突如として関東より乱入の名乗りを挙げられたのである。う〜〜む。

一挙に大気中における非日常的焼酎乱飲の濃度が環境基準をOverした5月2日夕刻。どんたく開催を翌日に控えて会場準備で華やぐ中洲にて、焼酎浴がしめやかに挙行された。

さて、当日の御参加は、主賓の銀杏隊員、いで名誉隊員に加えて、隊長+あげまき+荒馬+猛牛というメンツ。

会場は、中洲を少し下った、大黒橋横の鯨料理専門店『六っ文字』

今年1月の合評会会場となった店であるが、とにかく美味い。鯨狂のわてには堪えられない店ですにゃ。値段も手頃で、お勧めです。

栃木から半年ごとの連休に帰還する銀杏さんの迎撃はまさに恒例で、こっちも楽しみにしているのだが、いでさんの突然の乱入には正直びっくらこいた。そして、また嬉しかった。銀杏さんはもちろん、いでさんとも久しぶりの一献なのである。
銀杏:でも、いでさんも急にいらっしゃるとは驚きましたよ。
いで:いやぁ〜、急に出張が決まってですね。それに銀杏さんとも久しぶりに会いたかったし。
隊長:お二人とも久しぶりだし、今日は一緒に飲めて良かった。

鯨の竜田あげや刺身、鯨コロッケなどなど、鯨尽くしに舌を喜ばせながら、傾けるは喜界島・朝日さんの新製品。たぶん喜禎さんの直筆ラベルであろう。昨年7月だったか、筑前でお会いした時のことを思い出した。

あの時、蔵元は料理の良さを引き出す黒糖焼酎を目指したいと『一乃醸・朝日』について語っていらしたが、この新製品も飲みやすさとコクのバランスが良く、鯨との相性もピッタリ。わては、ガブガブ飲み、ガツガツ喰らっていたのだった(*^^*)。

さて、名うての酒量を誇る飲兵衛の集まり、さっそく瓶が空っぽになった。続いては『薩摩茶屋』を頼む。それにしても、すぐ無くなってしまいますわなぁ〜。皆さん、飲む飲む。

さて今回、筑前における後見人とも言うべき隊長+あげまき隊員のふたりに攻められた銀杏さんである。

隊長が一喝! 早々に御成婚&筑前宮への遷都を強引に奏上して、宴席が爆笑!という一幕が展開された。

当の銀杏さんだが、今回は仕事の都合で不参加となったため美女美女軍団の姿が無く、それがぬぅあんとも痛恨だったと涙していた(^_^;)

というわけで、美女美女軍団の他にもgoida隊員もお仕事の飲み会で欠席。銀杏さんやいでさんとの初顔合わせを楽しみにしていたのだが、お流れとなった。酒豪が勢揃いという仕事関係者との飲みで、日本酒を全身に浴びせられたとのことである。合掌(^_^)v。

というわけで、二次会はお馴染みの中洲『まりりんBAR』へと向かう。

今回のご出張で、いでさんは公式的な行事としての筑前御訪問は無くなるとのことである。隊長以下、極めて残念、淋しいことだと想いに浸るのであった。

まさにいでさんの筑前における原点・要塞とも言うべき“まりりん”での、オフィシャル最後の一献を楽しむことにする。

それにしても、当日の「まりりん」のカウンターは満席! 祭開催前に影響された賑わいか? それとも天変地異の前触れか?

異常な賑わいぶりに、珍しくも座敷に陣取った6人であった。

マスターも、いでさん久しぶりの来店に、満足げな面もち。さっそく飲み始めたが、何を飲んだか記憶はさっぱり(~Q~;)。

荒馬:前回、小林編集長がいらした時は、120%まったく焼酎と関係の無い話でしたから、今日はちょっとマジメに焼酎の話をしますか(^_^)v

いでさんを講師として、ひとしきり焼酎談議が弾んだのだが、やはり焦点は『横浜焼酎委員会』の今後の展開である。Wカップ連動でさらにパワーアップした大々的な焼酎イベントを画策しているとの情報を得ていたわてであるが、さっそく探りに余念が無かった(爆)

ここでその全貌を申し上げる立場には無いので発言は差し控えるが、まさに関東での焼酎愛好者拡大のきっかけとなる一大祭典、「狼煙は横浜に揚がる」ともいうべきものであった。切にその実現と成功を祈っております。

わても関東にいたら、そのイベント、ぜひ参加したいとですがねぇ・・・。遠いったいねぇ、これが(痛恨)&(T_T)。

ぜひ関東圏でこれをご覧の焼酎ファンがいらっしゃったら、ぜひ御参加を!

◇   ◇   ◇

というわけで、各地各様の焼酎集いが盛んな昨今。銀杏さんといでさんから伺った関東エリアのお話は興味深いものがありました。手垢の付いた言葉だけど、「ボーダレス」に焼酎を楽しみ喰らい騒ぐ、ということの広がりを感じる一夜でありました。

銀杏さん、いでさん、ではまたの機会、よろPくぅ〜(^^)/~~


九州焼酎探検隊TOP