by 猛牛

■「甲乙付けがたい」という言葉は焼酎には当てはまらぬ、のだ。

甲乙丙・・・などと等級を表す言葉を焼酎に当てはめたのが、そもそもの始まりなのである。甲類よりも乙類の方が「格下」という、とんだ誤解が生まれたのだ。

酒税法で甲類・乙類という種類分けがその発端である。

甲乙付けがたいどころではなく、味にしろ製法にしろ、断然「乙」の方が甲なのだ。乙より甲が上だという社会的“常識”のために、乙類=本格焼酎が不等なイメージを抱かれているのは、九州もんとしてはなんとも怒り心頭なのである。(ま、怒ってもしゃーないが)

さて、乙類という不等な烙印を押された焼酎メーカーが反発して、新しい名称を付けたのが、この「本格焼酎」という称号である。

というわけで、甲類・乙類の意味をつまびらかにしておきましょう。


●甲類焼酎

純粋アルコール水溶液、別名「ホワイトリカー」。よく梅酒とかを漬け込むヤツですな。開発されたのは明治も押し迫った45年。連続式蒸留機により、純度の高いアルコールを精製して、水で薄めたもの。蒸留の回数が多くて、たとえいもを原料にしても素材の香りがほとんどない純粋なアルコールに近い産物。

●乙類焼酎(本格焼酎)

いも・麦・米・そばなどを原料にして、単式蒸留機により作り出されたもの。500年の歴史を誇る本当の本物。アルコールや香気成分などの酒の精(スピリット)だけを濃縮しているため、素材の持つ香りと味わいが楽しめる。歴史と製法、そして味わい故に「本格」の文字を冠した。


■「本格焼酎」のココにこだわりたい、のだ。

●香り:

いもや黒糖、米、麦、そば・・・原料が醸す香りの良さに気づくと、もう焼酎の世界に病みつきになる。それにここ数年本場鹿児島はもちろん九州各県でも黒麹をつかった焼酎が人気だが、麹菌や微生物がつくる香りもあって、ますます奥深い味わいが楽しめるようになった。

焼酎を飲むほどに馴染むほどに、いも焼酎にぞっこん、という人が多い。

●色

基本は無色透明。最近需要が増加しているのが、われわれ探検隊が「色物」と呼んでいる樫樽貯蔵の琥珀色の焼酎。これについては、「色が付いちょるて邪道ばい!」「新しい焼酎ファン層を広げるんにはいいやんかぁ」などと賛否両論がある。

隊員内部での意見が分かれるが、色物でも旨い物は旨いと認める意見が大勢を占める。よーは、造る蔵元の姿勢がすべてなのである。

(参考文献:『本格焼酎のすべて』 蟹江松雄著 チクマ秀版社 1997)


九州焼酎探検隊TOP