つくしのみちのくち    のんごろ  しものつかさ  げ  まを   だれやめじじい
筑    前の國の飲兵衛の下司、 解し申す。焼酎古老 相伝の旧聞の事。
あらきさけ                          いにしえ  さがむ        さ か
焼 酎の旧聞を問ふに、古老答えて曰しく。古は、相模の國足柄の岳坂よ
  ひむがし もろもろ  あがた  す     ぴゅあさけ     い         と き  まことのあらきさけ
り以東の 諸 の 縣、惣べて 甲 酒 の國と稱ひき。是の當時、本格焼酎を
       ぴゅあさけ      ちゅうはい           くにぶり へだ
飲まず。甲 酒を用い、虫 輩を為し、九州の風俗に阻たりき。
むかし     ほんかくしょうちゅうくん     かんとう  いで    のんかた みそなは
昔者、単式蒸留の宮の初垂しし尊、東方八道に幸まして、飲方を遊覽して
                 ぴゅあ あんど くりーん          くに
嘆きてのりたまいしく、無 味 無 臭なるかな、此の郡は。
           いで      つちぐも      からごころ       あらきさけ
同じ尊、武蔵に幸ましし時、土蜘蛛あり、名を粗無理衣といひき。本格焼
                      しそのは  わさび
酎を聞こし召すに、揉み解しし紫蘇葉、山葵を用うるが最上と、宣えり。
くにぶり へだ                          ほんかくしょうちゅうくん
風俗に阻たりたること甚だしく、ここに、単式蒸留の宮の初垂しし尊、
いくさびと  や       せらー  さ     ことごとに  つみな 
 兵 を遣りてその正倉を遮へて、悉 に 誅ひ滅ぼしたまひき。
からいも 
唐芋の里
 郡の武蔵小山にあり。
   いざかや たいしょう   だいやめびと   いものまことのあらきさけ 
此の御店の 長、元は薩摩隼人なりき。芋焼酎を、殊の外、愛でたりき。
よ     からいも         また        な
因りて、唐芋の里といひ、兼、店の名と爲せり。
    ほんかくしょうちゅうくん     かんとう   あら  えみし ぴゅあさけ ことむ   ため
単式蒸留の宮の初垂しし尊、東方八道の荒ぶる夷の甲 酒を平討ける爲に
いものまことのあらきさけ をさ    ひるねぐらだいやめのみこと  こめのまことのあらきさけ   をさ
隼人の國の 酒造が長、名は午睡藏火憲倦止命、球磨贈於の國の酒造が長
ささなばのぼんちじょうあつのみこと      つか       ぱそこん きーぼーど
笹名葉凹地滅減興常命 と曰ふを遣はしき。電硯箱の鍵板打ち叩き、即ち
まことのあらきさけおうえんぺーじ はな    えみし にはか おひせ       えみし ことごとく
本格焼酎檄文電脳木簡を縦ちて、夷 を 急に 遂迫めしめき。夷、 悉く
まことのあらきさけ  よく
本格焼酎化 に浴せり。
九酎産業大学本奥書。

平成壱拾参年霜月十九日以

万年院所藏之本書於焼酎山清貧寺

法印猛牛


九州焼酎探検隊TOP