第2話

福岡出身・うっちんさん、第二の証言




 こないだ「うどん」の話をしたばってん、うどんと言えばやっぱダシと醤油ばい。

 関東の醤油の不可思議さ・・・

 俺、こっち来て???って思ったのが横浜の飲食店のテーブルには、“酢醤油”なるものが置いてない!!

 あんたたちゃ、ギョーザ食おうと店に入ったら、その店のオリジナル調合の酢醤油を置いとるのが常識やろ?そのオリジナル酢醤油にマッチしたギョーザを出すのも常識やろ?
 ところがたい、こっちは「酢」と「醤油」はあるばってん、「酢醤油」はないとですたい。勝手に自分で調合しなっせっちゅう感じ。マッチングは考えとらんとや?(-ー;

 『こげなもん、食えるかああああ!!(-"-)』

 だいたいね、こっちの醤油っちゃ『○ッコーマン』が大半なんよ。これが、ショッパイっちゃ!
 俺ね、大学時代に天神のパブでバイトしたことあるんやけど、ちょうど九州場所で“おすもうさん”が来て、「この醤油は旨い!」っちゅうて、オチョコで飲んだ力士がおったんよ。そん時は「・・・こいつは馬鹿ばい(一一;」と思って唖然として見とったばってん今、その気持ちが分かるばい。

 九州の醤油は甘いんじゃのうて、甘味があるやんか。こっちの醤油は本当、ショッパイだけなんよ。九州の一般家庭だっちゃ「濃口」「薄口」「刺身」って3種類常備しとろ?それぞれに使い分けて・・・

 九州で「上寿司」たのんだと思いやい。イメージは何色や?、・・・白やろ!。鯛、ヒラメ、etcで・・・
 こっちの色は赤なんよ。鮪ばっか。
 しかもよ、“上”なのにサーモンなんて平気で入っとる。確かに、鮪だけは九州より旨い!三崎から生であがるけんね。
 ばってん、その旨い刺身に、不味いしょっぱい醤油を塗ったくって、こっちの人間は食いようとばい。信じられんめえ。

 『こげなもん、食えるかああああ!!(-"-)』

 幸い俺の家の近くには超希少価値の長崎・チョーコー醤油を置いとるスーパーがあったけん助かっとるよ。

 白身の魚は超高いし(信じられんことに100gの鮪としめ鯖がほぼ同価格)。買えても何か腑抜けた味やし。不味い醤油やし。・・・横浜で魚食おうと思わんね。

○ッコーマンよ反省せい!!!!

 関東人の味覚を狂わしとるのは、「お前やああああ!」。お前は醤油やのうてソイソースや!!ケチャップとマスタードで満足しとる毛唐相手に輸出しとれ。
 ほんなこつ頭くる。(-"-)


第1話   第3話