アイテム名 くじらカレー
産地 山口県下関市
販売社 マル幸商事

■捕鯨の街・下関発、鯨肉のカレーなのだっ!

マルハの捕鯨基地として栄えた山口県下関市。そこで再生した『くじらカレー』について、この製品を造られたマル幸商事さんと商品そのものの情報はすでにご紹介した。

さて繰り返しになるが、ミンク鯨使用のこのカレーは、昔下関にあったという「日新」という料理店のメニューにあったが、いつのまにか消えてしまっていたという。

そこでマル幸商事さんが、鯨肉食文化の一アイテムとしてその再興を目指し製作された。

下関市と関門海峡を挟んだ対岸である北九州市には、少なくともわての記憶では、くじらカレーがメニューにあった想い出はない。が、貴重な歴史の一食と言える。

■さっそく、食ってみる! ん〜〜〜〜ん、甘めだが、良か味!

というわけで、チャレンジである。日曜の夜、にょぼと一緒に食ってみた。

香りも立っているし、カレーの色味も濃くていい。

「小さなお子さまから年配の方まで食べていただけるように中辛にしました」というマル幸商事さんからのコメントの通り、辛味派であるわてらには少し甘く感じるカレーとしての辛さだ。「バターを使用してまろやかな味」にされたとのことで、食べる年齢層を広めに取ったのは、「鯨肉使用」ということを考えた場合正解であろう。

しかし、味わいはそれこそまろやかで、しかもコクがあり、後口が気持ちいい。そして辛さが後からじわじわと効いてくる。厚みのある風味はよく練れている。

具であるミンク鯨の肉だが、加熱処理されている点では、缶詰類と同じく歯ごたえがある。

逆ににょぼに言わせると他の肉類と比較して「固い」ということになるが、これは鯨肉の性質というもの。ここは鯨肉食歴の差というか経験値の違いが出てくるところだ。

わては鯨缶の歯触りを思い出しながら、違和感無く頂戴した。

またマル幸商事さんからの情報にもあるとおり、鯨肉特有の匂いは極力抑えられている。

その点では辛さのニュートラルさと相まって、鯨肉食になれていない方々にも抵抗感なく広く食べていただけるものだと言えよう。

鯨肉食再興のための、まずはトライアル版として、お奨めの一品である。

味総体はにょぼも満足であった。


CurryLocalism TOP / BEEF HEARTFIELD TOP