『ちくわぶ・種(ダネ)の起源』
と『その製法』

1999/11/11

 会社の後輩からもたらされたある食べ物が
ちくわぶの起源へとさかのぼる、
遠大な旅の始まりだった。


 先日アップしたレポート『いやがる美少女をちくわぶでむりやり・・・』の作者であるCAMELさんから、「ちくわぶに似た食べ物が自宅近くのショッピング・センターに生息しているのを発見しましたよ!!」と一報が入ったのは、2ヶ月前のことである。

 「ちくわぶの亜種発見か!!」と色めき立った私は、CAMELさんの手に500円玉をしかと握らせると、「た、頼む!捕獲をよろしく・・・(T_T)」と懇願したのであった。

 さて、実際にCAMELさんが居住する福岡県H山町で発見捕獲され、昨日会社に到着したのは、下記の食品である。

 

 これは京生麩で、形状がほとんどちくわぶと同一である。差は中を貫く穴がないというだけ。星形・棒状であるところは同じ。ちくわぶと京生麩との関係がここで大きくクローズアップされることとなったのである。

 食品としての歴史からいうと、やはり京生麩の方が古い。であるが故に、京生麩の形状をまねて関東ナイズしたものを創造した・・・という仮説が浮かぶ。

 ここで気になっているのが原料の「小麦粉」である。以前大分にいた頃、国東半島の農漁村の民俗資料を読んでいると、団子汁についての考察が載っていた。結論から言うと、“小麦の粉食とは、生活の困窮度の高い農漁民たちにとって日常的な食のあり方”であったということ。

 上記を敷衍して、ちくわぶは「明治期に関東の困窮者層が、京生麩をまねて作り出した食材ではないか」というのがわての今の仮説である。

 そこで再度確認のため、紀文さんのお手を煩わせることとなった・・・


From: "Web Master" <kibun@kibun.co.jp>           
Subject: Re: ちくわぶの成形について
Status: RO

**様、お久しぶりでございます。
早速ですが、ご質問の件お答えします。

1)ちくわぶの成形について

小麦粉と水で作った生地を延ばし帯状にします(麺帯)。
この麺帯を棒に巻き付け、次に星形の型で成型します。
ちなみに、ちくわぶを煮込んだときに断面が層状になる
のは、このような製法のためです。

2)現在の福岡・天神周辺のちくわぶ店頭化店

現在調べております。後日ご連絡さしあげます。

3)京生麩との関係

確実な説ではないのですが、ちくわぶは「精進料理」に
使われる麩を元に関東人が作ったという説があります。
よって、京生麩が原形ということは十分考えられます。


 製法については別途ネット仲間よりの問題提起があり確認させていただいた。製法の謎を解明する上で大きな前進をみたと言えよう。ご協力いただいた紀文さん・ご担当のKさんに感謝致します。

 さて、不確実とはいえ精進料理の麩が起源という説があることがわかった。今後は、ちくわぶが文献の中でどの時代までさかのぼれるかを追求してみたい。

 明治期の代表的な下層民ルポとして著名な横山源之助『日本の下層社会』、松原岩五郎『最暗黒の東京』、そして中川清編『明治東京下層生活誌』など、大衆生活研究に貢献した先達の文献をチェックする予定である。

 ・・・・なんてね(爆)


倶楽部ホールに戻る