『続・京生麩=ちくわぶ起源説』
1999/11/22

京料理の『萬長』さんより、
京生麩とちくわぶについての
貴重な情報が寄せられた。


 さて、前回アップした『「ちくわぶ・種(ダネ)の起源」と「その製法」』において、京生麩との関係が取りざたされたのであるが・・・。その関係を探るべく、京料理の『萬長』さん(リンクは下記)にご協力をお願いして、京生麩におけるあの☆型の起源を探っていただいたのである。

 そこでご回答をいただいたのがこれである。原文はここ


【ちくわぶの件】 石谷彰男 書き込み日 99年11月21日(日)02:26   
ホームページ:http://village.infoweb.ne.jp/~mantyou/

時間がかかりました。
京都の生麩にもみじ麩という、もみじをかたどったものがあります。       
それがちくはぶの原型ではないでしょうか?

生麩は京都の特産で、老舗の麩嘉さんで6代目だそうですので、
慶応年間ぐらいからだと思います。

乾燥した麩はその以前からありますが、生麩はそのころだと思われます。
正確な答えにはなってないようですが、いかがでしょうか。


 ご協力いただいた『萬長』の石谷氏、および『麩嘉』さんに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

///////////////////

 さて、形状的にちくわぶのあの☆型の原型と見られる「もみじ麩」という存在。そして生麩は京都特産で、しかも老舗の『麩嘉』さんが慶応年間の創業、という貴重な情報が寄せられた。

 『紀文』さんの情報による、ちくわぶの明治期の登場という情報と照らし合わせると、とてもすんなりと収まる話・・・という事が言える。ただ石谷氏が書かれているとおり、“正確な答え”という確証は現時点ではない。

 とはいえ私の憶測レベルでの仮説ではあるが、「明治維新またはその直後に、東京に『もみじ麩』がもたらされ、その形状をまねてちくわぶが誕生した」のではないか、ということが充分考えられるようになってきた。

 さて今後問題となるのは、京生麩およびちくわぶが当時どの層に食べられていたのかである。なぜなら、おでんは庶民の食べ物であるから、である。

 先の『「ちくわぶ・種(ダネ)の起源」と「その製法」』の最後に書いた、中川清編『明治東京下層生活誌』(岩波文庫)では中流から以下の層の食物として“煮込み”の文字が見られるが、残念ながらその中味がわからない。

 他の資料については今後探索する予定である。


倶楽部ホールに戻る